★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK28 > 840.html
 ★阿修羅♪
<近聞遠見>「顔が見えない」と言われ 岩見隆夫 [毎日新聞]
http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/840.html
投稿者 white 日時 2006 年 12 月 04 日 10:52:29: QYBiAyr6jr5Ac
 

□<近聞遠見>「顔が見えない」と言われ 岩見隆夫 [毎日新聞]

 http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20061202-01-0301.html

2006年12月4日
<近聞遠見>「顔が見えない」と言われ 岩見隆夫
 しょっちゅうテレビに顔を出しているのに、
 「顔が見えない」
 と言う。安倍晋三が首相に就いて約2カ月、世間や政界で目立つ声だ。
 顔とは何か。本音、本心と言い換えればわかりやすい。本音が伝わってこないもどかしさである。
 さらに、本音を伝えようとする姿勢、気迫、話法などすべてに目が注がれる。首相はさらし者だ。テレビ登場回数が多ければ多いほど批判が強まる、という皮肉な現象も起こりうる。
 視聴者(国民)は敏感だ。こじれた郵政造反組の復党問題で、安倍首相が、
 「参院選は来年7月、まったく関係ない」
 と言い切ると、だれもが、ふーん、と思う。首相の立場上、
 「関係ある」
 と言えないことぐらいはわかっていても、別の表現法があるのではないか、正直さに欠けるのではないか、という反応になる。その分、顔が遠ざかる。
 歴代首相の話法もそれぞれだった。的場順三官房副長官が<四者四様の元総理>という興味深い一文を書いている。(著書「座して待つのか、日本人」に収録)
 的場が内閣の内政審議室長をつとめたころの話で、首相から昼食を食べながら案件についての説明を求められる。その時の言い回しだ。
 中曽根康弘は、
 「的場君、君はおれと一緒に飯を食えることを光栄に思っているか」
 と聞いてくる。うーん、と思いながら、首相の権威というものをよく心得た方、と気づく。
 竹下登は対照的で、
 「悪い、悪い。もっとうまい飯を食べながら聞きたいのだけれど、すぐに教えてほしいものだから、すまんな」
 と謙虚そのものだ。人柄の違いを思い知らされる。
 宇野宗佑は勉強熱心で、のっけから、
 「君、今日は何を教えてくれるの」
 海部俊樹は、
 「ちょっと待てよ。君に教えてもらうんだったら飯なんか食っていられない」
 と言って、大学ノートを開いた。素直な人柄、と的場は思う。
 <どれがいいとか悪いとかではなく、パーソナリティの差、経験というものが現れていて、多くのことを学ばされる>
 と書いている。
 4人のなかで、首相の時、顔がいちばんよく見えたのは中曽根だった。批判も少なくなかったが、発言にメリハリがあった。その中曽根は、
 <どうもいまのリーダーたちは、自らの国家についての哲学を国民に語ろうとしない。クラゲのように、背骨のない軟体動物のごとくふわふわと浮遊しているのが、私には気がかりでならない>(「日本の総理学」PHP新書)
 と嘆いた。2年前の嘆きだから、安倍はすでに首相候補としてリーダーの一人である。
 本音で政治哲学を語る。それなしには、顔は見えてこない、ということだろう。安倍哲学はまだ漠然としている。
 ところで、大蔵省OBの的場は72歳、首相官邸に陣取る安倍ブレーンの最年長者だ。先の4人とも的場の年長だったが、安倍は20歳も若く、親子関係に近い。
 昼食をともにしながら、何を語り合っているのだろう。師弟関係にあった後藤田正晴元官房長官の<5訓>を、的場はいまも拳々服膺(けんけんふくよう)しているという。3番目は、
 <勇気を持って自分の意見を言え>
 だ。官僚に向けた訓示だが、安倍らリーダーにも当てはまる。(敬称略)

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 政治・選挙・NHK28掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。