★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK28 > 879.html
 ★阿修羅♪
<NATO>政府、関係強化へ向け具体策検討―Yahoo毎日新聞(12/2)
http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/879.html
投稿者 天木ファン 日時 2006 年 12 月 05 日 13:32:21: 2nLReFHhGZ7P6
 

(回答先: NATO首脳会議と「防衛省」昇格法案の衆院通過【展望社天木・筆坂熱血インターネット対談 投稿者 天木ファン 日時 2006 年 12 月 04 日 11:00:19)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061202-00000083-mai-pol

<NATO>政府、関係強化へ向け具体策検討

 政府は、北大西洋条約機構(NATO)が日本などを念頭に非加盟国との連携強化を打ち出したのを受け、同機構との関係強化に向けた具体策の検討を始めた。集団的自衛権行使を禁じた憲法上の制約を踏まえ、当面は大規模災害時の救援活動など非軍事分野での連携を進めたい考えだ。
 NATOは先月29日の首脳会議で、非加盟国との協力関係強化をうたった共同声明を採択。日本の外務省幹部は「(NATOの)域外協力拡大についての合意を歓迎する。何ができるか協議する」と語った。麻生太郎外相も5月、NATOの北大西洋理事会(NAC)で演説し、憲法上の制約に触れながらも連携強化に意欲を示している。
 日本はこれまでも、アフガニスタンに展開するNATO主導の国際治安支援部隊(ISAF)への資金協力などを通じ、NATOとの関係を深めてきた。こうした中、NATOが連携強化を打ち出した背景には、日本などから増大する部隊派遣費用の協力を得る狙いがあり、日本にはNATOとの関係を深化させることで「外交力」を高めたいとの思惑もある。
 政府は、NATO海軍が実施する危機管理訓練への自衛隊のオブザーバー参加や、災害時の自衛隊とNATO即応部隊との共同作業などを通じて関係強化を目指す。「NATOは治安の安定や防災など活動の幅を広げている。協力の接点はある」(外務省幹部)とする一方、ISAFへの自衛隊派遣など軍事面での協力は集団的自衛権との関係から困難との立場だ。
 ただ、日本とNATOの連携強化に積極的な米国は、自衛隊によるアフガニスタンやイラクへの貢献を挙げながら、日本に対し踏み込んだ協力への期待をにじませている。連携が進む過程で憲法との関係が問題になる可能性もある。【中田卓二】
(毎日新聞) - 12月2日19時41分更新

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 政治・選挙・NHK28掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。