★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK28 > 939.html
不在者投票、このずさんな本人確認(JANJAN 2003/04/19)
http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/939.html
投稿者 天空橋救国戦線 日時 2006 年 12 月 06 日 15:39:41: ZtsNdsytmksDE

http://www.janjan.jp/government/0304183098/1.php

 統一地方選挙の不在者投票をした。出勤前に市役所に行き、窓口でその旨を告げると、「特別室でどうぞ」。教えられた部屋に入ると、職員から「不在者投票をなさるのですね? では、これに記入して下さい」と一枚の用紙を渡された。

 「不在者投票宣誓書」とある。自筆で書けという内容は、投票をする人の住所、氏名、生年月日など。「私用のため、投票日に不在である」という趣旨の項目に丸をつけて渡すと、「投票所入場券はお持ちですか」。しまった。家の机の上に忘れてきた。

 投票所入場券とは、住民登録している自治体の選挙管理委員会から郵送されるもので、この町の場合はハガキ1枚。投票日に投票する際は、その入場券を示して、選管のチェックを受けたうえで投票用紙をもらう。いわば、「選挙資格があるかどうかの証明書」だ。

 その大事な証明書を、忘れてきてしまった。さて、どうしよう。今から取りに帰るのは面倒だ。そうだ。財布の中に免許証がある。そう言うと、職員から意外な反応が返ってきた。

 「あ、それは別に提示しなくていいですよ、こちらでチェックをしますから。○○市在住に間違いないですよね」
 そう言いながら、私が記入した住所を見ながら、パソコンのキーボードをたたき始めたのだ。

 どうやら、用紙に記入した「私」が名簿にあるかどうか、照会しているようだった。しかし、これでは宣誓書を書いた人物が、登録されている本人かどうかの確認はできないではないか。

 そんなことを考える私の前で、職員はパソコンの画面を見つめている。そして「はい、大丈夫です。ではこれを」と、投票用紙と、それを入れる封筒を2つ渡してよこした。腑に落ちないまま投票用紙に記入し、投票箱に入れた。そして部屋を出る最後まで、身分を証明する書類の提示は求められなかった。

 あの職員たちは、本当は入場整理券がなければ不在者投票できないところを、それを取りに帰させるのは可哀想に思い、それに目をつむって私に投票させてくれたと、その時は思った。

 でも、これでは、もし他人が自分の代わりに勝手に不在者投票を行おうとしたら、その人物の氏名と住所と生年月日を調べておけば、簡単に「成り代わる」ことができてしまう。

 不安になり、後日、職場の近くにあった選挙管理委員会を訪れ、疑問点をぶつけてみた。

 すると、「そうですねぇ、でも、それを言うなら、ハガキで配達される投票所入場券に名前が記載されている人と、実際に入場券を持って投票場に行き投票を行う人の確認作業も、していませんよ。集合住宅などで他人がポストを開けられるような場合、他人の入場券を盗んで成り代わることができますでしょ?」「以前は、投票入場整理券を忘れた場合、身分証明の提示をお願いしていたのですが、確か4〜5年ぐらい前に緩和したのです」との答えだった。

 説明を聞くほどに、投票を行う人物の「本人確認」をする必要がないと考えていることが、よくわかった。

 与えられた業務を間違いなく処理することが大切で、業務自体に欠陥があろうとなかろうと、自分たちには関係ない。選挙管理委員会の職員の答えの裏側には、そうした考え方が透けて見えた。

 疑問をぶつけた選挙管理委員会のwebサイトを開くと、「投票に行こう」「明るい選挙とは」などの文字が躍っている。そうした建前と、実際の本音。そのギャップに、寒々としたものを覚えた。


(前田明)

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 政治・選挙・NHK28掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK28掲示板