★阿修羅♪ > 戦争86 > 228.html
 ★阿修羅♪
ベンジャミン・フルフォードに直接会って質問も可能12/17シンポ
http://www.asyura2.com/0610/war86/msg/228.html
投稿者 木村愛二 日時 2006 年 11 月 20 日 07:11:52: CjMHiEP28ibKM
 

(回答先: ベンジャミン・フルフォードが「たかじんのそこまで言って委員会」で911陰謀を紹介 投稿者 馬鹿まるだし 日時 2006 年 11 月 20 日 00:01:13)

ベンジャミン・フルフォードに直接会って質問も可能12/17シンポ

----------------------------------------------------------
http://www.worldforum.jp/information/2006/13.html
12月特別シンポジウムのご案内
ワールドフォーラム12月特別シンポジウム

ご案内
9・11事件の真相 と その歴史的な意味の深層に迫る!! 

国際政治評論家・思想家 中丸 薫 氏
米経済誌フォーブスの元アジア太平洋支局長
   フリーランス・ジャーナリスト ベンジャミン・フルフォード 氏
国際情報誌「真相の深層」編集長・発行人 木村 愛二 氏
ネット・ジャーナリスト リチャード・コシミズ 氏
『9・11真相究明国際会議』主催者・グローバルピース・
                 キャンペーン発起人・代表 きくち ゆみ 氏

今年も慌ただしく年の瀬を迎える時期の今日この頃ですが、皆様にはお元気にご活躍のことと存じます。ワールド・フォーラム12月特別シンポジウムでは、2001年9月11日に米国で起こった謎の極悪犯罪の9・11事件について、この事件の真相追究では日本の第一人者であられる 国際政治評論家・思想家 中丸 薫 氏 をはじめとする、当会ではお馴染みの以下の方々と、カナダ人で911事件の真相に目覚めてから真相追究陣営に加わり既に数冊の真相追及本を出されている米経済誌フォーブスの元アジア太平洋支局長 フリーランス・ジャーナリスト ベンジャミン・フルフォード 氏 をお招きして、事件の真相追究を行ないます。当会ではお馴染みの、国際情報誌「真相の深層」編集長・発行人 木村 愛二 氏 と ネット・ジャーナリスト リチャード・コシミズ 氏 と 『 911真相究明国際会議 』を立ち上げられた主催者・グローバルピース・キャンペーン発起人・代表 きくち ゆみ 氏 の方々の分析とこの事件は本当はいかなる事件であったのかの本質論について深く切り込み、長いタイムスパンでこの事件を分析・解説して戴き、「 9・11事件の真相 と その歴史的な意味の深層に迫る!! 」というテーマで、911真相究明国際会議に引き続いて911真相究明国際会議実行委員会の後援で、「真相の深層」に迫って戴きます。
米国では、2001年9月11日にニューヨークの世界貿易センターや国防総省ビルを破壊した謎の事件が起こりましたが、実に精緻に計画された権力犯罪の疑いが次第に暴露されてきて、今年の10月7日には日本でも前記の方々は皆、「911真相究明国際会議」にはゲストとして参加されました。当会では事件の直後からさまざまな方々をお招きして、あらゆる角度から分析してその意見を伺い、再三再四に亘ってこの事件の本質の真相に肉薄して参りました。ようやく、世界的にも、日本の国内でも、これが、米国政府自体の起こした自作自演の国際的謀略で、米国や世界の体制変革とユダヤの世界支配を狙った、対イスラム戦争挑発であったことは、その後に続いたアフガン戦争やイラク戦争の展開をみれば明らかとなりました。この意図して起こす謀略であれば、再度、イランやシリアを次のターゲットとした第5次中東戦争の勃発が危惧されます。そこで、この方面には大変に詳しい諸氏をお招きして、「対論の形式」でお話しを各氏からお伺いたいと思います。皆様方におかれましても大変お忙しいとは存じますが、お誘い合せの上お越し下さいますようお願い申し上げます。

プロフィール
中丸 薫 氏 

コロンビア大学政治学部、大学院国際政治学部、東アジア研究所卒。1970年代、世界のトップリーダーにインタビューするジャーナリストとして活躍。1973年にはニューズウィーク誌テッレビ特集版で「インタビュアー―世界No1」の評価を受け、ワシントンポスト誌でも「時の人」との評価を受ける。各国大統領や国王との対談や国際会議に出席して、民間外交で活躍。「太陽の会」を主宰。国際政治を支配している『闇の世界権力構造』を暴露。明治天皇の孫としての血筋とその優れた情報収集力や人脈から、911事件の真相と「世界の闇の権力」に日本がどう対処すべきかの著書を出して、日本の将来を導こうとされている。「"闇"の世界権力構造と人類の針路」「国際テロを操る闇の権力者たち」「古代天皇家と日本正史」「気高き日本人と闇の権力者たち」等、多数。

プロフィール
ベンジャミン・フルフォード 氏 

1961年カナダ生まれ。上智大学比較文化学を経て、カナダのブリチッシュ コロンビア大学卒業。米国経済誌「フォーブス」ノアジア大洋州局長を経て,現在フリーランス・ジャーナリスト。メディアが取上げないタブーに切り込んだ著作「ヤクザ・リセッション」「さらば小泉グッバイ・ゾンビーズ」(光文社)等でベストセラー、中丸薫氏との共著「泥棒国家日本と闇の権力構造」「911テロ捏造ー日本と世界を騙し続ける独裁国家アメリカ」(徳間書店)をはじめとする「911事件」暴露の著書を続々と出版している。


プロフィール
木村 愛二 氏 

1937年生まれ。防衛大学三期中退、東京大学文学部英文科卒業。1961年日本テレビ入社。編成極編成部・広報部・調査部勤務で労組活動で活躍。「放送レポート」の前身を創刊、執筆のかたわら放送民主化活動で活躍、日本テレビ社長小林与三次と労使紛争で対決、解雇され、16年半法廷闘争になり、1988年和解後に退職。その間、ジャーナリストとして雑誌、著書多数。特に「アウシュビッツの争点」「湾岸報道に偽りあり」「ガス室検証」等の歴史の真相に迫る名著を出版。911事件については、事件発生の当初から、『自作自演の戦争挑発』と見抜き「911事件の真相と背景」や国際情報誌「真相の深層」を発行・編集。「ホロコースト神話の嘘」を暴き続ける本物のジャーナリスト。

プロフィール
リチャード・コシミズ 氏 

1955年生まれ。1978年青山学院大学経済学部卒業。商社勤務を経て、2000年独立。貿易を中心に諸外国との取引を通じて、ビジネスを中心にして活躍。世界の構造について知悉して、各方面の情報収集にあたり、自らサイトを開設して日本語と英語の両方のサイトで情報発信して、隠された真実の「真相暴露」を続けている。特に、「オウム事件の背景や真相」と「9・11事件の真相暴露」とそれらを起こして操る勢力の情報収集にあたりその真相に迫る、日本では知名度は低いが「在野の優れたネット・ジャーナリスト 」。911事件については、事件発生時から『ブッシュ親子の自作自演のテロ』と見抜き 阿修羅サイト等で暴露し続ける。

プロフィール
きくち ゆみ 氏 

千葉県鴨川で自給てき生活の場、ハーモニクスライフセンターを主宰。マスコミ・金融界を経て、1990年より環境をテーマに活動、2001年より、平和・環境・健康をテーマに執筆・講演・イベント企画制作に携わる二男二女の母親。著作には「地球と一緒に生きる」「超自然派生活のすすめ」「戦争中毒」「ボーイングを捜せと」等の外国図書・ビデオの翻訳・紹介・普及に努めている平和・環境活動家。

日時・場所・詳細

日時 : 2006年12月17日(日) 17:30 - 21:00
場所 : アルカディア市ヶ谷(私学会館) 5階 「大雪」 会議室
千代田区九段北4−2−25  TEL(03)3261−9921
交通 : JR、地下鉄 市ヶ谷駅から徒歩2分
地図 : http://www.arcadia-jp.org/access.htm
参加費 : 5,000円(予約前払い 4,000円) 
振込先 : 三菱東京UFJ銀行田無駅前支店/普/3826681/口座名義 さそう くにお 

連絡先

ワールド・フォーラム例会にご出席いただける方は、下記宛にご連絡下さい。
ワールド・フォーラム代表幹事 : 佐宗邦皇
FAX : 03(3353)6499
携帯 : 090(7234)9792
            E-mail : aikokusha-daiasiarengo@hotmail.co.jp
----------------------------------------------------------

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 戦争86掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。