★阿修羅♪ > アジア10 > 571.html
 ★阿修羅♪
特殊国境部隊(SFF)はインドのチベット人民兵組織である。【英文wikipedia】
http://www.asyura2.com/07/asia10/msg/571.html
投稿者 tk 日時 2008 年 3 月 22 日 18:17:33: fNs.vR2niMp1.
 

(回答先: 中国は何故、ダライ・ラマ14世を『首謀者』に仕立てたがるのか?・・米英印謀略組織と「ダライ・ラマグループ」との切り離し? 投稿者 tk 日時 2008 年 3 月 22 日 16:37:05)

SFFと「チベット人権民主化センター」とか「チベット青年会議」とかとの関係はどうなんでしょうね? 極めて洗練された情報戦の能力を持っているように見受けられるのだが・・。

http://en.wikipedia.org/wiki/Special_Frontier_Force

特殊国境部隊(SFF、The Special Frontier Force)はインドの民兵組織(paramilitary unit)である。
SFFは中国・インド戦争の後に考案された。
SFFは主としてチベット難民から構成されたゲリラ部隊である。
SFFの主たる目的は中国とインドとの次の戦争に備えて中国国境での秘密の(covert)作戦を実施することであり、Chakrata, Uttarakhandに基地がある。
SFFは「Establishment 22」という名でも知られている。
この部隊は当初はインド情報局(Intelligence Bureau )の直接の指揮下にあり、後に対外情報機関である研究・分析局(the Research and Analysis Wing)の指揮下に移った。

* http://arab.fc2web.com/india/intell.htm 。インドの情報機関

The Special Frontier Force (SFF) is a paramilitary unit of India. It was conceived in the post Sino-Indian war period as a guerrilla force composed mainly of Tibetan refugees whose main goal was to conduct covert operations behind Chinese lines in case of another war between China and India. Based in Chakrata, Uttarakhand, SFF is also known as the Establishment 22[1][2]. The force was put under the direct supervision of the Intelligence Bureau, and later, the Research and Analysis Wing, India's external intelligence agency[3].

歴史

History

近代のインド軍には初めからチベット民族で構成される部分は存在していた。
独立のチベット人部隊は彼ら自身の地域のパトロールと警察を担当していた。
グレート・ゲームの時代(一般にほぼ1813年から1907年の英露協商までの期間)に、英領インド軍はチベット人をスパイや情報部員として雇うようになった。また北インドやチベット地域での秘密の民兵としても使われた。
インド独立の時、インドの北の山岳地帯は戦略的に見落とされていた。そのため、
チベットが中国人民民主主義共和国に侵略されたときに、インドは軍事的に介入することができなかった。そのため、
中国のチベット侵入の後、CIA とインド情報局はムスタング基地をネパールに作り、そこで、チベット人をゲリラ兵として訓練した。
ムスタング部隊は、ダライ・ラマを中国から救出するときにも使われた。

Ethnic Tibetans have been a part and parcel of the modern Indian Army for as long as it has existed. Independant formations of Tibetan (including Ladakhi, Bon, Sikkimese) units were to patrol and police the lands they were native to. During the time of the Great Game, the British Indian Army began to employ Tibetans as spies, intelligence agents, and even covert militia in northern India and Tibet proper. At the time of independance, the Northern Hills of India remained the most isolated and strategically overlooked territory of India. When Tibet was invaded by the People's Republic of China India was in no position to militarily intervene. After the Chinese invasion of Tibet, CIA and the Indian Intelligence Bureau established Mustang Base in Nepal[4], which trained Tibetans in guerilla warfare. The Mustang rebels were used to rescue His Holiness the Dalai Lama from Chinese captivity, into exile in India[5].

軍事編成

Formation

中国・インド戦争の後、1962年までの間、インド情報局は熱狂的なロビー活動を行い、ネール政権はチベット人のレジスタンス兵士で構成される山岳戦のエリート部隊を立ち上げる命令を出した。
Chushi Gangdruk のリーダーたちがリクルートされて新しい部隊が作られ、当初は5000人が特殊国境部隊(SFF、The Special Frontier Force)として指名された。彼らは首相の直轄下に置かれ、情報局、のちには、研究・分析局の指揮下に置かれた。
かれらは主として、「中国劇場(Chinese Theatre)」での秘密の(clandestine)情報収集活動と特別奇襲隊として使われた。
訓練はCIAの民兵将校(paramilitary officers)とインド情報局の特殊作戦部隊によって行われた。・・

After the Sino-Indian war and towards the end of 1962, after hectic lobbying by Intelligence Bureau (IB), the Nehru administration ordered the raising of an elite commando unit and specialized mountain divisions primarily composed of Tibetan resistance fighters. Chushi Gangdruk leaders were contacted for recruitment of Khampas into this new unit. An initial strength of 5000 men, mostly Khampas were recruited at its new Mountain Training Facility at Chakrata, Dehradun. Established under the direct supervision of the Prime Minister, the unit under the operational command of IB and later R&AW, was designated the Special Frontier Force (SFF), and was primarily used for conducting clandestine intelligence gathering and commando operations along the Chinese Theatre. Initial training was conducted by the CIAparamilitary officers and the Intelligence Bureau (IB)'s own special operations unit. In 1968 SFF with the help of the Aviation Research Centre which provided airlift facilities became fully airborne qualified and a dedicated mountain and jungle warfare unit. During this period the Indian Government also formed the Ladakh Scouts and the Nubra Guards paramilitary force on similar lines. SFF was later incorporated in the the Special Services Bureau (SSB) of R&AW.

・・・

Special Group

1982年に500人のSFF隊員をSarasawaに送って対テロ訓練を行い、その中から選抜された隊員はイスラエルに送られてさらに高度な訓練を行った。・・(などという記事もある)

The Director General (DG) Security, Research and Analysis Wing (R&AW) in 1982 dispatched 500 SFF operatives along with over 500 Indian Army special forces to Sarasawa for Counter Terrorist training, it is also thought that the selected troopers thereafter were sent to Israel for highly specialized training. These men formed the nucleus of an ultra elite and highly classified new detachment, known as the Special Group. The SFF Special Group is structured like the Special Air Service (SAS) Regiment, its Headquarters supported by an Intelligence and Planning wing, a Training wing and a specialist Signals Troop which is solely responsible for support operations. Having four Squadrons each made up of around 100 troopers, which are further divided into four Troops. Each Troop has a specialized role. The Special Group has a wide range of responsibilities, each requiring specific training and disciplines.

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > アジア10掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。