★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ48 > 376.html
 ★阿修羅♪
ガチャピン「たべちゃうぞ」 「放送禁止」になった変な理由 [J-CASTニュース]
http://www.asyura2.com/07/bd48/msg/376.html
投稿者 white 日時 2007 年 4 月 10 日 16:45:44: QYBiAyr6jr5Ac
 

□ガチャピン「たべちゃうぞ」 「放送禁止」になった変な理由 [J-CASTニュース]

 http://news.livedoor.com/article/detail/3114245/

ガチャピン「たべちゃうぞ」 「放送禁止」になった変な理由
2007年04月10日11時52分

「わいせつ表現」が問題になって、テレビでは放映されない。歌詞の中に「差別表現」があるとされて販売中止になった。こうした「埋もれてしまった名曲」を再び世に出したい、と「封印歌謡大全」と題した本がこのほど出版される。吉田拓郎やガチャピンの歌も、かつてこんな目にあっていた。

「セーラー服を脱がさないで」は「肉体関係を連想させる」

三才ブックスは2007年4月15日に「封印歌謡大全」を出版する。「差別用語」などを中心に、規制が厳しかった70〜80年代の歌を多く取り上げた。「封印」になったケースは様々で、日本民間放送連盟(民放連)の場合は、問題がある曲を「放送自粛」としたり、「要注意」と指定したりした。その経緯を、資料などをもとに当時の関係者に取材した。

例えば、吉田拓郎「ペニーレインでバーボン」(74年発売)は「つんぼ桟敷」という歌詞が「差別表現」だとして販売中止に。ガチャピン「たべちゃうぞ」(75年)は、歌詞が「怖い」と視聴者から抗議が殺到し、放送自粛となった。「いたずらする子は食べちゃうぞ」というくだりなどが問題となった。おニャン子クラブ「セーラー服を脱がさないで」(85年)は、歌詞が「肉体関係を連想させる」という理由で「要注意曲」とされたという。

さらに、戦時中に検閲で発禁になった作品から、歌い手が殺人罪を犯し販売中止になった作品まで、さまざまな理由で「封印」された曲が本の中で紹介されている。同社の編集部はこう話す。

「90年代以降は、発売中止や回収に追いやられる作品のほとんどが『著作権問題』でした」
「著作権問題」といえば、07年2月に「騒動」となった歌手・森進一さんの「おふくろさん」が記憶に新しい。「偶然の一致」らしいが、この本の帯には同曲の作詞を手がけた川内康範氏による、歌に対する思いがつづられている。

「ハメたい」を「モテたい」に改変

「放送自粛」「要注意曲」の指針となった「要注意歌謡曲指定制度」は、1959年に民放連によって定められた。これについて同連盟番組部にJ-CASTニュースがたずねると、

「制度はすでに83年に廃止された」
という返答だった。ただ、これ以降5年間は経過期間として制度の効力が継続したという。

現在では、歌謡曲の放送に関しては、各局の判断基準に任せているそうだ。

ただ、民放では可能でも、NHKでは放送を控える場合がある。「封印歌謡大全」には取り上げられていないが、96年のNHK「紅白歌合戦」に出演したウルフルズは、「ガッツだぜ!」の歌詞の一部「惚れたい ハメたい ナンパされたい」を同番組でのみ、改変して歌った。

沖縄国際大学の研究「放送が禁止された歌」によると、「ハメたい」が性行為を連想させるとして、「惚れたい ハメたい」を「モテたい ホレたい」などに改変したとしている。

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > Ψ空耳の丘Ψ48掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。