★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ48 > 403.html
 ★阿修羅♪
Re:米でミツバチが謎の激減=養蜂家に打撃、作物の受粉にも影響ー今年、来年は世界的な大混乱が訪れるかもしれないー
http://www.asyura2.com/07/bd48/msg/403.html
投稿者 これは大変だ 日時 2007 年 4 月 11 日 22:29:46: Kq60bFHMy4Bd.
 

(回答先: Re:「輸出大国の間違い」ー本文なしー 投稿者 これは大変だ 日時 2007 年 4 月 11 日 22:21:49)

http://www.jiji.com/jc/a?g=afp_sci&k=20070411011890a


米でミツバチが謎の激減=養蜂家に打撃、作物の受粉にも影響

【ワシントン10日】米国で最近、原因不明でミツバチが激減する現象が起こっており、養蜂家たちを悩ますとともに、作物の受粉に大きな影響が出ることが懸念されている。(写真は、フロリダ州の養蜂家)
 米東岸の一部地域とテキサス州のミツバチの数は70%以上減少し、カリフォルニア州でもミツバチのコロニー数が30−60%減っている。米農務省の推計によると、ミツバチは22の州で数が少なくなっており、その原因は分かっていない。カリフォルニア州の養蜂家は最近議会で、「所有している2000のコロニーの約40%が死に絶えた。30年の養蜂人生で初めての経験だ」と述べた。
 冬のうちにミツバチの数が20%程度減少するのは普通にみられる現象だというが、米国のミツバチのコロニー数が1980年から減少傾向にある中で、急激なミツバチ数の減少は懸念を増大させている。農務省によると、蜂蜜採集用のミツバチの巣は現在、80年代初頭に比べて25%少なくなっており、養蜂家の数は半減している。
 ミツバチの減少はまた、リンゴ、アボガド、ブルーベリー、サクランボなど約90種の果物や野菜の受粉に悪影響をもたらすと懸念されている。米国ではミツバチによる受粉によって、例年、約150億ドル相当の作物の増産がもたらされているという。
 この異常なミツバチ・コロニーの崩壊現象に対して、学者たちは原因の究明に努めている。ミツバチに寄生して巣を全滅させることもあるミツバチヘギイタダニが知られているが、今回はそれが原因ではないようだ。
 学者は、新型の病原菌、もしくはミツバチの免疫システムを弱める何らかの化学物質が原因ではないかと考えている。ミツバチに有害であることが分かっているネオニコチノイド系殺虫剤のようなものが原因ではないかと疑われている。フランスでは1990年代にミツバチの数が著しく減少。殺虫剤ゴーショが原因ともいわれ、現在、ゴーショの使用は禁止されている。 〔AFP=時事〕

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > Ψ空耳の丘Ψ48掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。