★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ48 > 495.html
 ★阿修羅♪
ナチスの発明とUFOとヴリル
http://www.asyura2.com/07/bd48/msg/495.html
投稿者 M総合研究所 日時 2007 年 4 月 19 日 15:34:23: YhMSq6FRP9Zjs
 

ナチスの発明
http://blog.m-ken-net.com/blog.php?y=2007&m=4&d=19

科学技術の発明・発見の歴史には、ぽっかりと空白がある!ナチスが作ったものは、ナチスが作ったというだけで、ぞんざいな扱いを受けてきた。しかし、人類に貢献した偉大な発明や発見は、だれによってもたらされたものであろうと価値があるはずだ。本書は、ナチスの残虐行為を擁護するものでも、ナチスやヒトラーを崇拝するものでもない。ただ、ナチスが何を作り、その背後にどのような思いがあったのかを明らかにするものである。知られざるナチスの姿。

ナチスの発明と聞くと、ものものしい軍事兵器の開発という印象が強いかもしれない。
ロケットやジェット機をはじめ、確かにナチスは軍事分野で多くの発明をしている。
しかし、ナチスの発明はそれだけではない。
オリンピックの聖火リレーを最初に始めたのはナチスだった。今ではお馴染みの源泉徴収制度を作ったのもナチスなのだ。
今まで語られることの少なかった、ナチスの功罪の「功」の部分に光を当てた、いまだかつてない1冊!


ナチスはこんなことを発明していたとしてアウトバーン、フォルクスワーゲン、テレビ放送、電子顕微鏡、ジェット機、ヘリコプター、ミサイル宇宙開発ずらりと書いてある。

戦争中、少年時代(旧制中学時代)に耳にした当時の新語、懐かしい語彙ばかりではないか、敗戦近くそして戦後復興時代はしばらく中断して空白だった知識の世界もITの本格的な時代を迎えて名を変えて我々の日常世界に迫ってきている。


ナチスは電子顕微鏡はナノテクの世界へ、アウトバーンは高速自動車道、弾丸列車は新幹線やリニアモーターカー、ミサイルから宇宙開発、コンピュータ(IBM)からインターネットの世界、更に見てみると石油の代替品(今エタノール)、合金技術、税制では源泉徴収扶養手当、ガン撲滅政策、労働教育改革、いまの日本が知りたい少子化対策まである。

さらこの本のP237から「ナチスはUFOを作っていたのか?」の章から

未確認飛行物体、UFOは地球を探察にきた異星人が飛ばしていると信じられた、長い間私達の宇宙への探究心をかき立ててきた。

しかし、「UFO地球外生命体説」とは別の考えあることをご存知だろうか。

ドイツ・ナチスがUFOを製造していた。証人達の数々の証言


第2次対戦中のUFOフーファイターUFOはドイツの新兵器であることを突き止めた。


物理学者 アル・ヴィーリック氏証言映像 当時のドイツでは反重力エンジンは完成していました。

ドイツ秘密結社ナイステンプラーと交流のあるノルベルト・ラトホッファー氏の証言


戦争終結後、米英の情報部はいち早くSSのUFO秘密記録資料を押収 NASAに保管されている。

ウェヘルスバルク城でナチス幹部ヒムラーが行っていた秘密の儀式とは!出入り口の無い地下室

ここでM総合研究所が昨年の6月2日のブログでUPした記事をも一度参照する必要がある。下記に一部転記する↓

自分たちもヴリルの制御技術を開発することを目的とした「ブリル協会」なる秘密結社の中心人物として活躍した。ヴリルを自由にあやつる者が世界を制覇するという「来るべき民族」の思想を彼は信じた。とある。

それは「ナチスUFO説」である。ネチスの残党がこの地球上のどこかにいて、彼らがUFOを飛ばしているとう説だ。

このような説が出てきた背景には、ナチスの行っていた研究がある。

それは、「空飛ぶ円盤」の研究。これはオカルトでもなんでもなく、れっきとした事実なのです。

ナチスは様々な形の航空機を開発していた。航空機の効率的な計上を追求する航空力学は、当時、発展の途上にあり、どういった形状が空を飛ぶのに適していたかを模索していた。

考案された形の中には楕円形や三角形(これは後にアメリカのステルス戦闘機に受け継がれる)などのものがあり、円形の航空機について研究されていた。

それが「空飛ぶ円盤」というわけだ。

http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha777.html より↓転記(参考)

M総合研究所的にはUFOには地球製と高次元の存在と両方あることは間違いないと。

ここでもドイツの秘密結社の存在に触れている。

このように神坂新太郎先生の話にあるプラズマ技術をナチスが研究して完成されていたとしても不思議ではない。

さらに船井幸雄が言ったプラズマを二つ並べると異次元空間を作り出すこともUFOの推進原理と繋がることにある。


武良さんの話しの人類に関与している「銀河連邦」の存在も神坂新太郎先生のアルザル人も「宇宙連合」の存在も共通する情報です。

私も事実、UFOと3回も遭遇しています。(2回目は写真に撮影した)

これらの情報を今、一度分析すると「ヴリルとは実はプラズマ技術」ではなかったと感じてきたよ!!

http://rerundata.hypermart.net/ura/inri2039/floors/hatchUFO/UFO10.html

http://www.youtube.com/results?search_query=%E7%9F%A2%E8%BF%BD%E7%B4%94%E4%B8%80

http://blog.m-ken-net.com/blog.php?y=2007&m=4&d=17

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > Ψ空耳の丘Ψ48掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。