★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ48 > 573.html
 ★阿修羅♪
彼は国連の会合でも講演。「イルミナティはアフリカでのエイズ撲滅の為、多額の基金をこれにあてている」(笑)
http://www.asyura2.com/07/bd48/msg/573.html
投稿者 Sun Shine 日時 2007 年 4 月 25 日 15:54:58: edtzBi/ieTlqA
 

(回答先: イスラエルだけではありません 投稿者 オリハル 日時 2007 年 4 月 25 日 00:27:20)

「インディゴ・チャイルド」の作者、Lee Carrollとそのグループ”Kryon”が世界各地でセミナーを開いているのは、彼らのHPを見て知っています。

しかし、イスラエルのサイトを前回の私の投稿で取り上げたのには意味があります。それはイスラエルでは、よほどのことがない限り外国の思想、宗教的(ニューエイジ関係もこれに含める)なもののセミナーは開催が難しいとユダヤ系アメリカ人の知り合いから聞いていたからです。

それで開催ができたからには、何か裏があるのではないかと思って取り上げました。

この「インディゴ・チャイルド」ムーブメント(?)について、少し疑問を持ったのは;

1.Carroll(キャロル)という姓から、「Alice in the Wonderland」(不思議の国のアリス)の作者、ルイス・キャロルを思い出したこと。

(ルイス・キャロルについては、しばしばこの本が「マインド・コントロール」の本だという側面もあるとのことで、タビストック研究所との絡みで語られることが多い)

The OSS-Tavistock MindControl Cult- 9/11 Truthling Infiltration Timeline
http://911closeup.com/nico/911truthling_cult4.html

Lewis Carroll
http://en.wikipedia.org/wiki/Lewis_Carroll


2.作者の顔つきを見て、ユダヤ系ではないかと思ったこと

(ルイス・キャロルはアイルランド生まれとなっていますが、このLee Carroll氏のルーツは調べましたが、良くわかりませんでした。もしかしたらこの名前はペン・ネームかもしれません)


3.顔つきが、スピリチュアル・リーダーというよりビジネスマンに見えたということ

下記の彼(またはKryon)のHPに大変興味深いことが書かれています。彼は今まで6回もニューヨークの国連本部の” Society of Enlightenment and Transformation ( S.E.A.T)”の会合に招かれて話をしているとか(国連がどういう組織であるかは、阿修羅の方々は御存知だと思います)。

http://www.kryon.com/k_un.html
In 1995, 1996, 1998, 2005, 2006 and 2007, Kryon was invited to come to New York and channel for the Society of Enlightenment and Transformation ) S.E.A.T, ... a member of the United Nations Staff Recreation Council.

2006年3月31日の話ではイルミナティに触れている部分がありますが、Carroll氏の話によれば、イルミナティは現在、アフリカ大陸におけるエイズ撲滅の為に、何十億ドルもの基金を本拠地・ギリシアからアフリカに移し、日々奮闘していると書かれています(笑)。

以上のことから、私自身は、ちょっと胡散臭いのではないだろうかと思っています。


Live Kryon Channelling
"Kryon at the United Nations 2006"
New York City - March 31, 2006
As channelled by Lee Carroll for Kryon
http://kryon.com/k_chanelUN06.html

To help the reader, this channelling has been rechannelled [by Lee and Kryon] and added onto to provide even clearer understanding. Often what happens live, has implied energy within it, which carries a kind of communication that the printed page does not. So enjoy this enhanced message given at the United Nations S.E.A.T. meeting in March 2006 in downtown Manhattan at the UN building.

For those conspiratorial ones, let me give you something that you didn't expect. We have spoken of this before, but this is the time to speak of it more clearly. The Illuminati. Are you afraid of them? Do they exist? The answer is, of course, that they do. Conspiratorial ones will say that the Illuminati has been responsible for controlling stock markets, elections, commerce... perhaps even the U.N., for decades. Indeed, there is some truth to all of this because in an old energy, especially one of darkness and fear, this was not difficult by those who controlled shipping and oil.

In a new energy, where light is being turned on and everyone can talk to everyone, it is very difficult. So let me tell you what the Illuminati are doing these days. They are about to change everything and become the earth's "benevolent uncle." Oh, they're still interested in getting money and power, of course, for this is what they do. But they are beginning to realize that the old ways are becoming harder and harder to control. They were based in Greece, but they have moved to Africa.

In a not too secret move, they are moving billions of dollars from Europe to fund the curing of a continent. It is the Illuminati who will supply the funding for curing Africa of AIDS. The funds are there. Oh, Humans! Did you know that? You won't have to worry about that... one of the biggest puzzles of the past decades is on the verge of being funded and solved - the curing of an entire continent.

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > Ψ空耳の丘Ψ48掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。