★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ48 > 647.html
 ★阿修羅♪
「セレブ」の不安(恐山あれこれ日記)【恐山山主の代理(院代)のブログ】 
http://www.asyura2.com/07/bd48/msg/647.html
投稿者 めっちゃホリディ 日時 2007 年 4 月 29 日 22:33:39: ButNssLaEkEzg
 

http://indai.blog.ocn.ne.jp/osorezan/2007/04/post_c9d4.html

 ここ数年、頻繁に聞くようになった、いささか耳障りな言葉に「セレブ」というのがあります。どうやら、「上流階級」「金持ち」のようなニュアンスの言葉として使われているような気がしますが、英語のcelebrityは、「名士」とか「有名人」の意味です。

 この言葉がもてはやされるのは、それにあこがれている人が商売になるほど多いのか、テレビのワイドショーのネタとして面白いからなのかわかりませんが、そうなりたいと思っている人は少なくないのでしょう。

 人間は他者からの承認において「自己」たりうるのですから、「セレブ」であることこそ最も充実した「自己」の在り様だ、と思う人もいるかもしれません。が、それは違います。「セレブ」として羨望の対象となっているのは、「自己」ではなく、「自己」の「持ち物」です。

「持ち物」は金であったり、権力であったり、地位であったり、美貌であったり、才能であったり、人様々でしょうが、要はただの「持ち物」ですから「自己」そのものではなく、「持ち物」である以上、いずれは「手放さねばならぬ物」です。「持ち物」即「自己」という錯覚のまま生きられる人は、それはそれで結構な人生ですが、「持ち物」と「自己」が別だと気がついた「セレブ」は、不安を持たざるを得ません。そして、この違いに気がつくことは、仏教において大事なステップです。

 他者から「自己」が承認されるとは、すなわち他者と深く充実した関係を作るということは、「持ち物」の問題でないのです。私が思うに、こうした関係は、まず第一に、なんらかの経験を分かち合うことによって、とりわけ苦境を共にするような経験をすることから生まれてきます。いわば「同じ釜の飯を食う」ような経験です。

 もう一つ大切なのは、他者がそこに存在することへの敬意です。それは、彼がまさにそのような彼であることを理解しようとする、一種の想像力と言い換えてもよいかもしれません。

 経験を分け合うこと、そして他者へ敬意、この二つは、「自己」を確かに制作するときの、最も大事な条件にあたると、私は思います。

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > Ψ空耳の丘Ψ48掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。