★阿修羅♪ > カルト4 > 245.html
 ★阿修羅♪
【創価学会を破る方法!?】
http://www.asyura2.com/07/cult4/msg/245.html
投稿者 あっくん 日時 2007 年 4 月 06 日 07:17:38: hhGgKkD30Q.3.
 

(回答先: くやしいけれど選挙に勝ちたかったら創価学会のいい点を各党は真似るしかない 投稿者 真理を愛する者 日時 2007 年 3 月 29 日 16:09:18)

【創価学会を破る方法!?】
http://www.asyura2.com/07/cult4/msg/244.html
投稿者 あっくん 日時 2007 年 4 月 06 日 06:20:11: hhGgKkD30Q.3.

(回答先: くやしいけれど選挙に勝ちたかったら創価学会のいい点を各党は真似るしかない 投稿者 真理を愛する者 日時 2007 年 3 月 29 日 16:09:18)

真理を愛する者さん,こんにちは。
創価学会などの一部の宗教団体を敵であるとみなす考え方は洗脳であると考えられます。
こういう団体を極端に忌み嫌うようになるのも仕組まれているのかもしれないということです。
あらゆることを「厳しい法律を作って止めるしかない」と考えるようになると,
国家権力の介入を積極的に推進することになりかねませんが,それでもかまわないということですか?
もしこのようなことを許してしまうと,ますます自由はなくなっていきます。
それでいいのなら何もいうことはありません。真理を愛するのなら今までの考えを疑ってみてください。
どういう話題であれ,行き過ぎた考えから危険性が生み出されてしまうのではないでしょうか。
宗教団体の政治への多大な影響は問題ありですが,各団体を弾圧までする必要はないと思います。

ただ,このまま創価学会に勢力を伸ばされるのが気がかりというのはよくわかります。
その対策を一つ考えたのですが,それには今までの枠組みを変える必要を感じています。
現段階で創価学会をしっかり批判しているのは共産党です。他の政党は頼りありません。
共産党の勢力が増えると国会で創価学会の問題が取り上げられる可能性は高まります。
要するに共産党の躍進が創価学会の勢力をそぐ良い方法かもしれないのです。
しかし共産党に対し悪いイメージを持っている人が多数なので上手くいく可能性は低いです。
皮肉なことに,このような状況なのでいつまでも創価学会の影響が強いのかもしれません。

もし共産党が選挙に勝つ対策があるとすれば自民の護憲勢力と組むしかないと考えています。
こうやって自民を分裂させ公明を追い出すことができれば,少数であっても意見が反映されるようになるでしょう。
そして創価学会の威力もそがれて,共産支持者は当然として護憲派や嫌韓な人も嬉しいかも。(爆)
もちろん簡単にいくとはいいませんが,検討の余地は大いにあると思います。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

いつまでたっても固定観念に捉われている人が多いし,こういった人が本当に社会を変えられるのだろうか。
「支配-被支配」といった考えや都合の悪いものを追い出そうとする排他的な考えに
無意識なってしまうのは学校教育を長年受けていた人物なら当然でしょうね。
そのことを理解できていない人は,しっかり自覚していただきたいものです。
腐った日本にしたのは一体誰?無意識に権力と協力し社会を破壊してきたのは誰?胸に手を当てて考えて欲しい。
各人が自分と異なる考えを受け入れ,認識を改めることができるようになることが大切であろう。

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > カルト4掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。