★阿修羅♪ > カルト4 > 468.html
 ★阿修羅♪
クライン孝子の日記:ジョージ・オーウェル「1984年」は日常的(2)
http://www.asyura2.com/07/cult4/msg/468.html
投稿者 ロシアチョコレート 日時 2007 年 8 月 29 日 02:43:23: DsXgc9p/1U5SM
 

クライン孝子の日記から貼り付けます。
http://www2.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=119209&log=20070828

(ここから)

■2007/08/28 (火) ジョージ・オーウェル「1984年」は日常的(2)

昨今、日本では集団ストーカー現象が起きているとのことです。
9・11同時多発テロ事件後、この傾向はますます顕著に
なりつつある。
何しろ、日常は「成りすまし」ながら、テロを仕掛ける、
そういう集団が世界中に横行しているからです。

こうなるとテロを防止する側にとっては、対策として個人に対する
チェックが必要になってきます。
これと「集団ストーカー」は連動しているのか、
その辺、一寸分かりにくいのですが、ドイツなどでは
多くの市民は、意識するしないに関わらず
常に監視されているという気持ちで、行動している。
逆にそうされることで、守られているという安心感もある訳です。

そういえば、イギリスの作家ジョージ・オーウェルの作品に、
『1984年』というのがありましたね。

この作品はスターリン時代の全体主義を背景に、まさしく
管理社会がはまるワナを痛烈に批判したものです。
これは衛星技術を縦横無尽に利用し、コンピューターやPCによる
個人情報の管理システムが整備されつつある現代に於いても
通じるもので、今や
より現実のものとなりつつある、といって間違いないでしょう。

そこで、

<<今日は。初めてメールします。
私は坂東道治といいます。
49歳、独身、大阪市在住で現在父の経営する税理士事務所で妹と
二人で実務の大半をやっている状況です。 

先生のことは産経新聞の正論でよく知っているつもりです。
平成17年5月29日付
「ドイツの郵政改革にみる国家意思」、
同11月14日付
「情報戦略なき日本の危機意識欠如」、
平成19年1月21日付
「国際情報収集のインフラ整備急げ」の
三つは、私にとってたいへん貴重な情報でした。

実は、私はこの正論以外には先生のことをよく存じ上げないの
ですが、この三つの文章だけで、先生の愛国心、日本政府・
日本国民へのはがゆさ、思いやりあるお人柄は十分感じ取って
いるつもりです。

私はただの一小市民ですが、国を思う気持ちは人一倍あるつもり
です。
「サンケイは当たり前のことを当たり前に言っているだけ、
アサヒは売国奴」という感覚です。 

さて、この度、先生にご相談したいことがあり思い切ってこのような
メールをしました。
一言でいいますと、今この日本で《集団ストーカー》という名の
シュタージ活動とでも呼ぶべき現象が起こっています。
このことを理解できる人物がこの日本にはほとんどいません.>>

(ここまで)

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > カルト4掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。