★阿修羅♪ > カルト4 > 490.html
 ★阿修羅♪
「いすゞ藤沢」マインドコントロールは公安警察の仕業だった(実話・第1報詳細版)
http://www.asyura2.com/07/cult4/msg/490.html
投稿者 内田司 日時 2007 年 9 月 05 日 10:10:27: SbRgKlM5uaerU
 

2007年8月22日「許すな国家権力のマインド・コントロール犯罪」第1報「詳細」編

 市民の皆さん!!

「知られざる権力犯罪が、今、現に起こっています!!」

 私は内田 司(うちだ つかさ)といいます。今年の9月1日で44歳になります。
現在、神奈川県鎌倉市常盤に住んでいます。私は2005年8月19日から、2007年1月15日まで、「いすゞ藤沢工場」パワートレイン第2部エンジンアクスル検査課(X6A)に派遣(日研総業)から2006年5月15日から期間工として勤めていました(エンジンブロック検査員:3人区(3人ライン)夜勤あり 日勤1週夜勤1週)。

 私は「いすゞ藤沢工場」で組織的・継続的なマインド・コントロール攻撃を受けました(2006年9月4日夜〜2007年1月15日)
 そして今も(2007年1月16日〜2007年8月21日)受けています(詳しくはレジュメ「第一報」参照)それでも人権を守るため闘います(2007年9月2日にも攻撃ありました)

 私は2006年9月4日夜から現在まで、「マインド・コントロール症候群」の患者さんたちから述べ数百回にわたるマインド・コントロール攻撃を受けました。攻撃の手口、方法、受けたときの感じ、攻撃の分析結果、わかったことなどはほぼすべて記録してとってあります。「詳細編」では、「第一報」で簡単に述べた「この攻撃でわかったこと」を詳述いたします。

 「内田司に対する「いすゞ藤沢」及び自宅周辺や教会などでのMC症候群患者さんを悪用した公安警察によるマインド・コントロール攻撃」でわかったこと(結論)

1) 人間には、理由はわからないが、2種類のタイプがある。それは以下の2タイプ
・ 非 マインド・コントロール能力者(ふつうの人)
・ マインド・コントロール能力者(MC症候群の患者さんたち)
(遺伝性疾患らしい:患者さんのなかに正常人と顔つきが少し違った人がいた)
(伴性劣性遺伝らしい:筆者の観察より 男性85〜90%
                   女性10〜15%)

2) 国家権力(警視庁公安部公安特別課(?)仮称:向こう側の正式名称は不明)は、マインド・コントロール能力者(マインド・コントロール症候群の患者さんたち:症状が社会に迷惑をかけるのは「病気」です)以下「MC症候群」と略記)を悪用して一般市民(特に私のようなキリスト者)にマインド・コントロールをかけて支配している

3) MC症候群の患者さんは、見かけはふつうの人とほとんど変わらない(ただし遺伝的特徴により顔かたちが少しだけ違う人はいる)

4) MC症候群の患者さんは、周囲数mから最大数キロの範囲で「ターゲット」を攻撃できる(ただし「最大数キロまで」という人は、私がこれまで会った中で一人だけ:またその人は「何か攻撃能力を増大するような機械を使っているかもしれない」はっきりとはわからない)

5) 「マインド・コントロール攻撃」は「目には見えず音にも聞こえない」(例外:「未知のエネルギー生命体」を直接ターゲットの体に仕掛けて入れてくる場合を除く)

6) 「マインド・コントロール攻撃」は3種類ある

1)「直接対面攻撃」−「人と人とが話すこと(対面して話すこと)によって攻撃してくる(特に、人にわざと腹の立つようなことを言って怒らせて大脳の脳波にガンマ波(怒ると出る:周波数20から30ヘルツ:振幅が大きい)をターゲットに出させてその脳波に攻撃者の脳波をシンクロさせて入れてくるらしい)

2)「飛弾攻撃」(ひだんこうげき)弾丸状の目にも見えない、音にも聞こえないものを、ターゲットをねらって(攻撃者が念じたりターゲットに指をさしたりして)入れてくる

3)「未知のエネルギー生命体」攻撃 いまだ現代科学で知られていない(あるいは故意に発表されていない)「未知のエネルギー生命体」をMC症候群の人が、故意に怒ることで呼び出して、それに「兵器としての」何らかの加工をして(つまり、その生命体を入れられた「ターゲット」が1)ある「もの」(トリガー:引き金)を見たら、ある行動をするように、あるいは2)未知のエネルギー生命体にプログラミングされたある行動を自分の意思と思ってしてしまうように、など)「ターゲット」に打ち込んだり入れたりする

注)「未知のエネルギー生命体」→「エネルギーのみの生命体」。科学的には別に存在してもなんら不思議ではない。物質でできている(もちろん、その生命体には目に見えない体もあるが)ふつうの生命体があるのなら、エネルギーのみでできている生命体がいてもまったく不思議ではない。

私は、1)MC症候群の人が「見通し」や「壁越し/床越し」(日本家屋の壁/床)に攻撃してきたとき、「鉄板などの電磁シールド板(電磁気を遮蔽する)が間にまったくなかった」
2)ヘルメットにアルミ箔を張ったもの(トーヨーセフティ社 No.110 ABS樹脂 白 厚さ2.5ミリくらい +アルミ箔 17ミクロン)  頭部保護用
床から上への攻撃には「シールド板」(アルミ板 500X300 1mmt)
3)横から(隣室)からの攻撃には「電磁シールドついたて」(920mm外寸X1170mm外寸 ステンレス網 2mmメッシュ ワク 30X15材2本ではさみ32mmコーススレッドをねじ止め)
この1)から3)までをすると「マインド・コントロール攻撃が弱まる」ことに気がついた。(未知の電磁エネルギー生命体も金属表面に当たると砕け散る)

よって、マインドコントロール攻撃の媒体は、やはり、「(生体)電磁波による攻撃」ではないかと思われる。また「未知のエネルギー生命体」の正体は「未知の電磁エネルギー生命体」ではないかと思われる。

7) 「マインド・コントロール症候群とはそもそもいったい何か」(疾患の本態の究明)

  定義:「マインド・コントロール症候群」−おそらく遺伝性
     男性に多く出る(?)「伴性劣性遺伝疾患」(男85〜90 女15〜10%?)
  症候:・見た目は一般人とほとんど変わりなし(ただし遺伝的に顔形が正常人と少し
      ちがう人もあり)
     ・病識なし、「良心」なし(人にマインド・コントロールをかけてはいけないと
      いう良心なし)。
・ 「ターゲット」に対して「マインド・コントロール」を行う(行ってしまう)
・ 「怒る」ことにより「肝臓」のあたりが異世界(未知の純エネルギー生命体の次元)とつながり、純エネルギー生命体を呼び出す(2006年11月ころ、同僚検査員のY.O氏を偶然怒らせてしまって、腹部から3−4体の生命体が出るのを筆者確認すみ)、で、出てきた生命体を「近代兵器」のレベルまで
(例「トマホーク」など)調製してターゲットに発射する。

   マインド・コントロールする経路(回路)は4系統
     1)「脳共振」:大脳と大脳の共振による。(レジュメでは向かい合った人間の絵 
       が書いてあるが省略)大脳からは「脳磁波」という波が出ている。これは
       「脳磁図」という画像診断装置で診断できる。MC症候群の人は、生まれ
        つき、この「脳磁波」が人よりものすごく強く出るらしい。つまり、M
       C症候群の人の強い「脳磁波」がふつうの人の「脳」をジャックしてしま
       うようである。(もともとヒトの「大脳」は巨大な生体コンピューターであ
       るので、こういう現象があっても何ら不思議ではない。例:コンピュータ
       回路への外来電波などの電磁干渉による誤動作など)

      2)心臓共振:心臓は一種の発電機で電気信号(洞調律:とうちょうりつ)
       により駆動されているが、それをジャックする(これをやられると、脈
       はくは平常なのに、心拍の大きさ(心室の膨張・収縮)のみが大きくなる
       という、まず通常ではありえない心臓の異常拍動が起きるので非常に奇妙
       な感じがする)

      3)肝臓共振:MC症候群のヒトとターゲットがきわめて(〜数十センチ)
       近接して同じ姿勢を取ることで共振させて入れてくる→未知のエネルギー
       生命体を。
        「いすゞ」では「安全朝礼」と称して、職員を横一列に並ばせるが、私
       はとなりの人がMC症候群の人だったりして強烈に入れられた。
         要するに攻撃者の肝臓とターゲットの肝臓が「同じ向き」になって
       しまうときわめてまずい。(たとえば縦一列とか横一列とかはまずい)
         避けるには攻撃者の肝臓の向きとターゲットの肝臓の向きが90℃
        違った方向になるようにする。とにかく攻撃者には近づかないこと。

      4)「大脳―脊髄系」共振:たとえば人と人とがイスに座って背中合わせにな
       っているような状態では大脳後部―小脳―延髄―脊髄が向かい合わせにな
       っている。この状態ではたいてい攻撃者が「急な眠気」を入れてくる。
       特徴:急な眠気(数秒から数十秒でパタッと眠くなる)
       私は「いすゞ藤沢」でこの攻撃を3−4回やられた。

「いすゞ藤沢や、期間満了退職後に私が体験したマインド・コントロール攻撃やさまざまな新しい知見(わかったこと)など」(ほかにも本当にたくさんありますがここには書ききれません・すみません)

8)「なぜ私がマインド・コントロール攻撃をわかったか(識別できたか)」
 はっきりとした「科学的理由」は厳密には不明。(私は「イエズス・キリスト様のお導き」
 と確信してます)。
内田 司のマインド・コントロール症候群患者および攻撃「識別」能力の「発現」に関連ありそうなこと
1) 1998年4月 カトリック藤沢教会で受洗(洗礼を受けた)。以来、毎週日曜日に「ミサ」に参加し「ご聖体」(キリストの体)をいただいていたこと。
2) 2003年4月から離職、自宅で「玄米食」を集中実施し、体質を変えたこと。
3) カトリックの聖人(聖イグナチオ)の「霊操」(れいそう)という本を読んで、「霊動識別」(れいどうしきべつ:自分の心の中に起こった思いが、神からくるのか、それともサタンからくるのかを、お祈りをして心を澄まして、心の中にある「霊動」(れいどう)が清いか、濁っているか(ザワザワしたり変な感じがする)で知る方法)という方法があることを知っていた。ただし、はじめて「霊動」らしいものを感じたのは2004年の6月中旬ころから)
(後に、自分は、2006年9月7日(?)ころからか「MC症候群の患者さんの乱れた霊動を識別できる」ことがわかった(口で言うのは難しいがしいて言うと、「エネルギーの場の乱れ」みたいな感じ???)あと、自分の心の中の「霊動」の「すさみ」(ザワザワ感など)は、「MC症候群の人から自分が「マインド・コントロール攻撃」をかけられて、「変なもの」が自分の心の中にいる(正確に言うと、自分の「霊的な体」の頭部や胸部など)にいることからくる」とわかった。

9)「なぜ、私がマインド・コントロールがかかった自分の心や霊的な体(肉体の体と入れ子になっている生体エネルギーの体)をきれいにできたか」。
1) 主として、イエズス・キリストさまへのお祈り(合掌して祈る)
2) カトリックの御ミサと聖体拝領・聖体訪問(ご聖体の前で祈る)
(これらのことは特定の宗教の宣伝ではなく私が体験した事実です)

10)「今後の展望」(何とか、皆さんと一緒に闘って勝ち抜きます!)
  MC症候群の患者さんたちを悪用して人にマインド・コントロールをかけて支配しているのが「公安警察」だということが明らかになりました。これは事実です。私は証拠となる「記録」を保持しています。「いすゞ公安マインドコントロール攻撃」第一号報告、
第二号報告は石神井イエズス会黙想の家の 英 隆一朗神父に提出しましたがオリジナルのみなので2007年8月17日に内田あて返却をお願いしましたがいまだ、返してもらっていません。この記録は「マインド・コントロールをかけられた被害者が克明にそれを記録した貴重な学術資料でもあり、公安警察の権力犯罪を分析・立証するうえでも非常に貴重な資料です。今後とも、「報告」#1、#2の返還を求めて粘り強く働きかけていきます。

 今日、皆さんにお届けしたのは速報用の「レジュメ」で、私はほかにもまだまだたくさん、国家権力の秘密をつかんでいます。詳細な記録もぜひ、なんとか刊行したいです。
「日本人民に対する、MC症候群患者を悪用した公安警察のマインド・コントロールは
れっきとした「権力犯罪」であり、「人権侵害」である」ということを強く訴えて、最終的には公安警察の「根絶」をめざしたいです。

 「自由意思」を守り抜くために、共に闘いましょう!!

 報告者:内田 司 (うちだ つかさ)マインド・コントロール・サヴァイヴァー
  「公安警察のマインド・コントロールを許さず闘う会」 会弾頭(かいだんとう)

  住所〒248-0022
     鎌倉市常盤411番地 矢沢荘2F5号
     電話・FAX 0467-32-9544

 この事実を広く知らせるためにカンパよろしくお願いします
     みずほ銀行 東京中央支店
     店番号 110 口座番号1774309
     名義人 内田 司 (ウチダ ツカサ)

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > カルト4掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。