★阿修羅♪ > カルト4 > 591.html
 ★阿修羅♪
安倍首相の不可解な首相辞任と炎の行者の謎に満ちた役割
http://www.asyura2.com/07/cult4/msg/591.html
投稿者 いにしえの 日時 2007 年 11 月 02 日 13:48:10: .mgHwtSne6rXM
 


果たして政治アドバイザーなのかそれとも安倍首相のカルト狂いなのか。統一教会のシンパの安倍首相は創価学会と一緒にベッドで寝てたと思ったら、彗光塾に続いて今度は密教と一緒とはふしだらなことだが、安部のチャランポランには呆れてしまうよ。
http://72.14.253.104/search?q=cache:r2-7PeY44KEJ:www.bunshun.co.jp/mag/shukanbunshun/shukanbunshun060928.htm+%E7%82%8E%E3%81%AE%E8%A1%8C%E8%80%85%E3%80%81%E6%B1%A0%E5%8F%A3%E3%80%81%E5%AE%89%E5%80%8D%E6%99%8B%E4%B8%89%E3%80%81&hl=en&ct=clnk&cd=5&gl=us
彗光塾とのつながりは、父・晋太郎のときからだ。安倍は、組閣の閣僚選びも彗光塾のお告げに従ってやっている。
安倍が頼りにしているのは、他にもいて「炎の行者」最福寺法主・池口恵観もそうだ。記事には出ていないが、池口は野球の清原選手が火あぶりのようになって護摩焚きをしてもらったので有名だ。国会議員には与野党とも池口の信者が多い。

先日の内閣改造では、安倍は池口に相談して決めたという。他にも安倍の地元・山口県に本山のある「踊る宗教」新生仏教教団、統一教会などとも安倍は親しい。
こんな安倍が総理として、1年間もやっていたのだ。だから、格差社会も知ったことではなく、国民の生活がわかるものではない。冗談じゃないぜ。そんな安倍をただ選挙に強いだろうというだけで、総理にした自民党は何を考えていたのか。参院選で惨敗するのは当然だ。ザマミロ!だよ。

炎の行者との具体的な対談の内容は次の通りだ。

<貼り付け>
http://homepage2.nifty.com/otani-office/column/yo_019.html
安倍元首相の“指南役”を直撃
― 辞任の真相を聞く ―

吉富 有治


 先日、“政界の指南役”と呼ばれる人物に会った。もっとも、ご本人は「そんなことはありませんよ」と、呵々と否定する。

 鹿児島県にある最福寺の法主、池口恵観氏(70)。「炎の行者」とも呼ばれ、信者の中には政治家や財界人、著名なスポーツ選手らも名を連ねている。
 恵観氏については、週刊文春9月20日号で大々的に取り上げられたから、ご記憶の方も多いと思う。ジャーナリストの上杉隆氏によるスクープ記事「『錯乱』安倍晋三の四人の神」の中で、安倍元総理の指南役のひとりと指摘されている僧侶だ。

 安倍晋三元首相が恵観氏に心酔しているのは事実である。元首相と恵観氏の交流は約20年も続き、恵観氏の関係者は、安倍氏から恵観氏の携帯電話に連絡が入り、悩みを打ち明けられたり、相談を持ちかけられる場面を何度も目撃している。その信頼度は、若手政治家や秘書官たちで構成される「チーム安倍」の比ではない。
 私は9月22日、京都市内のホテルで恵観氏を直撃した。安倍元首相の辞任の真相などを聞くためだ、突然の取材依頼にもかかわらず、氏は嫌な顔もせず、約40分にわたって話をしてくれた。
 恵観氏は8月31日、安倍元首相と約30分間、総理公邸で面談している。参院選で大敗後、組閣が行われた直後のことだ。いったい何が話し合れたのか、
「とにかく総理は落ち込んでいました。まったく元気がない。『気力がない』とまでおっしゃる。私は、『少しお休みになったほうがよろしいのではないですか』と申し上げ、(首相を)11月頃にお辞めになって、4、5年後に潮が満ちてきますから(注・「チャンスが巡ってくる」の意味)、そこで再登板されたらどうか、と申し上げたのです」
 それに対して、「ああ、そうですか」と力なく答える安倍元首相。度重なる閣僚の不祥事で、精神的に落ち込んでしまったという。
 ところが、辞任劇は約2週間後にやって来た。恵観氏も「総理の身体に大きな異変が起こった」と指摘し、個人的な見解と断りながらも、「自民党内でイジメがあったのでは」と推理する。イジメで孤立無援となり、決定的なダメージを受けたのではと分析する。イジメとは、まるで小中学生のような話だが、いまの政界、そんな幼稚なレベルの政治家がうごめいているのかもしれない。
 「あの辞め方は残念でした。健康になれば国民の前に出て謝罪したほうがよい」と訴える恵観氏。その安倍氏は9月24日、入院後に初めて記者会見し、謝罪した。そういえば恵観氏、私と会った翌日には東京へ出向いている。元首相にアドバイスをしたのだろうか。

 政界では安倍氏の政治生命は終わったと囁かれるが、それでも「安倍総理は必ず復活します」と恵観氏は信じている。その言葉に、果たして安倍氏は、どう答えるだろうか。
(2007年9月27日)

炎の行者が安倍首相に辞任したほうが良いということをアドバイスした可能性も考えられる。それを予想させる記事がある。
<貼り付け>
http://www.asyura2.com/07/senkyo43/msg/815.html

★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK43 > 815.html
次へ 前へ

安倍前首相の突然の辞任発表という珍事の隠れた真相の謎
http://www.asyura2.com/07/senkyo43/msg/815.html
投稿者 フランクリン 日時 2007 年 11 月 01 日 13:24:02: YsxokeAxLx13M
今発行されている「アエラ」には四ページに渡る、「歴代首相の指南役・池口恵観にすがる男たち」と題した特集記事が出ている。歴代の首相たちの政治指南役として大きな影響力を持ち、安倍晋三首相の政治アドバイザーとしても活躍していたことは、記事の中にはっきりと書いてある。
これから出張で時間がないので、誰かが「アエラ」の記事についてもっと詳しく紹介してくれたら有難いと感謝する。。
AERA 2007年11月5日号
池口恵観師にすがる日本−各界大物が足しげく通う大僧正とは
安倍晋三前首相との親交が報じられて以来、政界では「永田町の祈祷師」「歴代首相の指南役」などと評される最福寺法主の池口恵観師。しかしその人脈は政界だけでなく、財界・スポーツ界・芸能界、右翼に左翼と非常に幅広い。彼らは恵観師に一体何を求めているのか?
◆AERA 2007/11/05


歴代首相の指南役池口恵観にすがる男たち
小渕元首相が首相官邸の風水を聞いた大僧正
元赤軍派塩見孝也「ある種の獄友」
鳩山法相の自民復党促した一言

ところがここに実に興味深い事実があったことが分かったのだ。それはアメリカに住んでいる日本人のジャーナリストで、べストセラーになって日本の読者を驚かせた『小泉純一郎と日本の病理』の著者の藤原記者が、池口恵観大僧正と非常に親しくつきあっていたらしいのだ。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4334933688/250-5330185-1699445?v=glance&n=465392


イメージを拡大
小泉純一郎と日本の病理 Koizumi's Zombie Politics (光文社ペーパーバックス) (単行本)
藤原 肇 (著)
(35件のカスタマーレビュー)
________________________________________
価格: ¥ 1,000 (税込) 1500円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
ポイント: 10pt (1%) 詳細はこちら
在庫状況(詳しくはこちら): 在庫あり。 この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフト包装を利用できます。
1点在庫あり。ご注文はお早めに。
し驚くべきことに首相の指南役の池口大僧正に対して、この藤原記者が、安倍首相に辞任を勧告して欲しいという手紙を出していたのであり、それが『財界にっぽん』という雑誌の11月号に全文が掲載になっていたのだ。中国の温家宝首相が日本に来たのが連休のときだったし、その演説について藤原氏が記事を発表したのが同じ『財界にっぽん』の8月号であったことからして、絶好のタイミングが利用されていたことが判るのだ。。
http://www2.tba.t-com.ne.jp/dappan/fujiwara/article/abe09.htm
そのことからして参議院選挙で安倍首相が大敗北した後で、敗北の責任を取るのを拒否した時にこの手紙が書かれているらしいのだから、この手紙と辞任発表の間に何があったかは、調べるに値する非常に価値がある謎だと思われるのである。以下に雑誌の記事を貼り付ける。
<貼り付け開始>
『財界にっぽん』2007年11月号
[遠メガネで見た時代の曲がり角] 連載第12回

ドン詰まりの阿倍レジームという無責任政治に引導を渡そう
藤原肇(フリーランス・ジャーナリスト)在米
結びのご挨拶
 小泉から安倍へとゾンビ政治の主役が変わったが、国内のメディアは狭い枠組みでしか扱わないので、日本を世界がどう見るかについて、記録を残す必要があると考えたために、短期連載という形で書き続けてきた。だが、無能な閣僚で構成する安倍政権の迷走に加えて、議論抜きの強行採決の繰り返しにより、安倍に全くの指導性がないことが露見してしまい、世界中が安倍内閣の暴政に注目したので、狂った政治のせいで日本の信用と評価は大崩壊した。そのせいで連載が予想外に続いたが、短期連載を一年も続けるのはみっともないことだから、これが最終回ということでけじめをつけ、次はどんな形にするかは改めて考えることにしたい。
 国民から参議院選挙で不信任を突きつけられて、安倍が率いた自民党は歴史的な大敗北を喫した。だが、責任を取って首相辞任をする代わりに、安倍は身勝手な口実で権力にしがみついて居直り、こんな恥知らずがまかり通っている。
 池口さんが主催する月一度の勉強会には、閣僚から陣笠までの国会議員も出席しており、訪日した私も時にはその会に顔を出す。ご縁というか池口さんとの親交のお陰で、本誌でも対談が何度か活字になったし、『賢く生きる』(清流出版)には空海論が収録してあるから、池口和尚に親近感を持つ読者も多いはずだ。
 平和を祈念する池口さんの宗教活動は、全世界を舞台にしてダイナミックに行われ、モンゴール共和国では「世界平和巡礼者」として、記念切手が発行され絶大な尊敬を集めており、現代における弘法大師の再来という人もいる。だから、池口大阿闇梨の前では俗界の肩書きは無意味であり、「門前の小僧」が首相に成り上がった安倍晋三などは、借りてきたトラ猫のように縮こまっている。そこで、責任を取らない安倍の居直りがみっともないし、世界から日本が嘲笑されるのが心苦しいので、池口和尚に以下のような手紙を送った。
 拝啓
砂漠の夏は連日45度に達する猛暑で、熱風の中で直射日光にあたると、いささか眩量を感じるほどですが、池口さんの護摩修行に較べたら楽なもので、とても泣き言などは言えないことは明らかです。元気にお過ごしでしょうか。
 さて、訪日した温家宝首相の国会演説を分析した、『財界にっぽん』の記事のコピーをお送りしますので、大師の心眼を通した批判をしてください。私は日本人で中国に対して誇れる人物は、空海と湖南が最高だと確信しています。官職としての肩書きで見るならば、安倍仲麻呂は国立図書館長になっていますが、地位や肩書きより人格と実力が価値であり、不比等の兄の藤原定恵や聖徳太子に較べても、安倍仲麻呂は教養や人格面で一段劣ります。藤原定恵を一流とすれば空海は超一流であり、安倍仲麻呂は準一流と言えますから、褒められても大喜びするほどではありません。
 素晴しい人を褒め称えるのは当然のことで、くだらない人をダメと言うのと同じであり、評価能力のあることを実証しています。しかし、素晴しい人を賞賛しないのと同じように、ダメな者を褒めるのは評価能力の欠如で、発言者の眼力のなさを証明してしまいます。『八正道』の戒めにおいて正語が説かれ、批判や諌言は避け愛語を好むせいで、どうしても褒め言葉の使用が増えてしまい、必要以上に耳障りのいい言葉が現れ、権力を持つ者への批判が行われないために、現在に見る価値評価の狂いを助長しています。
 ニセ者や駄物を褒めて眼力のなさを露呈し、あの人はこの程度だったと言われた例は、歴史の中にたくさん見掛けるものですが、ダメなものを褒めないことは見識に属します。私は地質の専門家で地球の医者であり、医者は診断行為で嘘をつかないことが、ヒポクラテスの誓いとして医学倫理でもありますし、江戸っ子だから嘘をつかずズバリ言うので、藤原は悪口を言うと誤解されがちです。また、江戸っ子の勝海舟は正直に断言したので、誤解されたが誠を貫く人だったことは、鹿児島生まれで西郷隆盛の誠実さを知り、「敬天愛人」の精神を敬う池口さんにとって、これは「言わずもがな」であると思います。
 いつも送って頂く最福寺の「最友」にある、「恵観法主の日本救国論」という論考の中で、池口さんが安倍晋三の政治姿勢を褒めて、「最近の安倍総理の表情には、何か吹っ切れたものが感じられます」とか「国家・国民のためには『戦後レジームからの脱却』に全身全霊で取り組み、『美しい国・日本』の実現に一身をなげうつ気迫を見せることが大切であります。
 前人未到の偉業をなし遂げた池口大阿闇梨が、愚劣な権力者を称える過ちを犯すことに、今の私は強い危倶を感じざるを得ません。真言宗の伝燈大阿闇梨であることは、池口さんの人格が弘法大師の遺徳に結びつき、智慧と洞察を示していることを証明しています。名誉ある智慧と洞察を光背に持つ池口さんが、安倍晋三という権勢に生きる俗世界人で、世界レベルの常識や教養において劣る権力者に、賞賛の声を与えていいのかと考えた結果、このような手紙をしたためた次第です。
 だが、それを安倍が誤魔化していると見抜いたので、それが支持率の大暴落となったのだし、参議院選挙での大敗北になりました。安倍は己の姿を鏡に写して国民を誤解し、議会主義を踏みにじり強行採決に終始したが、日本人は安倍が思うほど愚劣ではなく、暴君化した安倍に破産宣告を突きつけました。
 自由社会では株主総会で不信任されれば、執行部はその責任を取って辞職するものだし、そうやって責任を取ることが組織にとって、生命力の法燈を維持する上での鉄則です。選挙での大敗北は安倍政権への破産宣告であり、深く責任を取って辞職するのが当然です。
 こんな破廉恥なことが横行するならば、恥知らずが率いる餓鬼道支配の国として、日本は全世界から嘲笑されることにより、国家の威信と尊厳はズタズタに崩れ去ります。また、先の戦争で死んだ230万の日本兵の六割が、餓死による戦没者であるという事実は、国家が犯した最大の戦争責任の証明だのに、日本人は未だ政治責任の追及をしていないし、安倍は再び戦時体制に復帰しようとしたのです。
 学問の修練や厳しい修行を抜きにしたまま、「門前の小僧が習わぬ経を読む」というだけで、口先だけの虚飾の言葉で大衆をたぶらかし、カルト教団の熱狂に浮かれたというのが、安倍晋三という未熟な政治家の正体です。これは「心暗き人がいる処、ことごとく災いなり」であり、このような妄語を語り亡国に導く為政者が、衆生を三途の獄に沈めようとするのを見て、弘法大師はどのように嘆かれるでしょうか。
 こうした悲惨な状況を大日如来の心で察すれば、国民から破産宣告された安倍は責任を取って、首相の地位を辞任するのが当然の理です。また、それを直接にアドバイスする立場にいるのは、一億日本人の中で池口恵観和尚だけであり、それが師傅的な人の果たす責務だと思われてなりません。高野山真言宗伝燈大阿闇梨の池口さんが、ここで日本国救国伝燈大阿閣梨の恵観大師として、日本の未来のために安倍晋三に辞任を勧告し、けじめの健在を蘇らせて頂くよう切望する次第です。
 池口恵観法主貌下
 藤原肇
(米国に仮住まいしている江戸っ子)

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > カルト4掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。