★阿修羅♪ > カルト4 > 672.html
 ★阿修羅♪
新宗教『空飛ぶスパゲッティー・モンスター』:宗教学者が討論会(WIRED VISION) − IDに対抗して創始
http://www.asyura2.com/07/cult4/msg/672.html
投稿者 シジミ 日時 2007 年 11 月 28 日 21:31:09: eWn45SEFYZ1R.
 

『空飛ぶスパゲッティ・モンスター』の姿は滑稽かもしれないが、米国宗教学会年次大会では非常に真剣な論議が交わされた。
Image: venganza.org


http://wiredvision.jp/news/200711/2007112723.html

2007年11月27日

Randy Dotinga

[編集部注:『空飛ぶスパゲッティ・モンスター教』とは、オレゴン州立大学物理科の卒業生ボビー・ヘンダーソン氏が創始したパロディカルト。 2005年米国カンザス州教育委員会が、公教育において、進化論と同等に、『インテリジェント・デザイン論』も教えるべきだとしたことに抗議するために始められた。アフリカ回帰の宗教運動『ラスタファリアニズム』をもじって、自らの運動を『パスタファリアニズム』と呼ぶ。]

サンディエゴ発――真剣に信仰を学ぶ学術研究者のグループにとって、インターネットを基盤として広がった宗教的偶像である『空飛ぶスパゲッティ・モンスター』(Flying Spaghetti Monster:FSM)は、単なる皮肉の効いたポップカルチャーというだけのものではない。

愛すべき炭水化物たっぷりの『パスタファリアニズム』の神について、研究者たちは「説教装置」といった言葉で説明する。その説明によれば、空飛ぶスパゲッティ・モンスターは「民俗的ユーモア漂うハイブリッドな身体」をまとい、既存の信仰に挑戦する「オープンソース神学」を目指して、ウェブの力を借りて加速する運動を体現するものだという。

パスタファリアニズムは「秩序に対して無秩序で対抗するというきわめて明瞭な姿勢を示すもので、われわれが見過ごしがちな深遠な宗教活動だ」と、宗教学の教授で作家のDavid Chidester氏は11月19日(米国時間)、サンディエゴで開催された米国宗教学会(AAR)の年次大会で、信仰体系をテーマとする討論会に出席して語った。この年次大会には9000人の参加者が集まった。

2つのミートボールと「麺のような触手」で構成されたこの男性神について、真面目に説明しよう。『空飛ぶスパゲッティー・モンスター教会』はインターネットを通じて広く知られるようになった。ウェブサイトに存在する教会は、自分たちは長い歴史を持ち「信心深い礼拝者が数千人どころか数百万人いる」と豪語している。だが、一般に知られるようになったのは2005年以降のことだ。

2005年、預言者と称する、フェニックス出身の20代の無職の物理学者Bobby Henderson氏が、カンザス州教育委員会に対し、州の公立学校の授業において宗教を教えるならどの宗教にも等しく時間が費やされるべきだと求めた。

当時、カンザス州教育委員会は、進化論の代替となる「インテリジェント・デザイン」(知的計画、ID:生命や宇宙の精妙なシステムは知性ある設計者によって作られたとする説)の考え方を公立学校で取り上げようとしていた。

Henderson氏は、空飛ぶスパゲッティ・モンスターの公式宗教、パスタファリアニズムについて、宗教学の授業で取り上げるべき真面目なものだと論ずる。

同氏はサイトの中で、「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教会は真実であり、完全に合法で、自然科学の裏付けがある。ユーモアや皮肉に見えるとしたらまったくの偶然だ」と記している。

5名の学術研究者は、ミートボールや海賊[教義では海賊が重要な意味を持つ]、「ソースたっぷりの洗礼」といった論点を語って聴衆の笑いを誘ってはいたが、ほとんどの議論は、「世俗」と「冒涜」の違いや、偽りと真実の違いを論ずる際にいかに信仰が影響を与えるかということや、宗教におけるコミュニティーやパロディの役割といったものだった。

ノースウエスタン大学のSarah Taylor教授(宗教学)によれば、会議の主催者には、この討論会に侮辱されたと感じたキリスト教徒たちから、「憎しみに満ちた」電子メールやボイスメッセージが送られてきたという。

また、空飛ぶスパゲッティー・モンスターがこのような討論で取りあげられるにふさわしいものだということを、他の宗教指導者たちが認めているかどうかも定かではない。パネル討論会に集まった聴衆はわずか100名ほどだった。

1人のパネリストが、この討論会を擁護した。「ほとんどの人はわれわれが真剣だと思っていない。いつも『面白いことをやっているね』と言われるだけだ」と、フロリダ大学の大学院生Samuel Snyder氏は語った。「もちろん、われわれは楽しくやっている。だが……同時に非常に真剣にやっている」とSnyder氏は言う。

スパゲッティの神の存在を公に発表したときの反応は、苦笑いから生真面目な批判までさまざまだった。「神を模倣することは重大な侮辱だ」と、カンザス州のある教育委員はかつて書簡で述べている。

パスタファリアンの世界的指導者であるHenderson氏に、このパネル討論会についてのコメントを求める電子メールを送ったが、返事は得られなかった。あるパネリストによれば、Henderson氏は、この宗教に関する本[邦訳『反★進化論講座――空飛ぶスパゲッティ・モンスターの福音書』(築地書館)]から得た利益で旅行中ということだった。

世界中にいる他の信者はどうかと言えば、サンディエゴのパネリストたちについて、マリナラソースで煮て、味はよくても悲惨な最期を遂げさせるべきだと宣言した信者がいたと、シラキュース大学の大学院生でパネリストの1人Alyssa Beall氏は語った。

パネリストらの話が終わった後、サンディエゴの聴衆は夕食のための休憩に入った。食事の際、パスタファリアンの正統な祈り(最後は「ラーメン」(Ramen)で終わる)を唱えた人がいたかどうかは伝わっていない。

[日本語版:ガリレオ-佐藤 卓/小林理子]

WIRED NEWS 原文(English)
http://www.wired.com/culture/education/news/2007/11/flying_spaghetti_monster

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > カルト4掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。