★阿修羅♪ > 議論25 > 691.html
 ★阿修羅♪
新時代。実現にむかって仕事を推進させる国民の為のプロジェクトチームがほしい
http://www.asyura2.com/07/dispute25/msg/691.html
投稿者 秋吉悠加 日時 2007 年 6 月 17 日 14:49:06: ldiFanJt9l51o
 

(無断転載転用禁止します)

文が取りとめもなく長くなりました。
(何回も途中で、他の用が入ったので経過通りに掲載しますが)
取りあえず,最後の一行を、最初に持ってきて結論から入ります。
--------------------------

【現在、野党側の協力路線は
共ー社・国・民となっています。
社国民が中心です】

自民系無党派を国民新党に集めて、社国民の連携に活かし
社国民ーが共とも「可能な範囲で協力」するという線です。
〈共とも可能な範囲ですから、期待うすと判断されている訳です)

国民人類生命の立場にとっての本物の敵を見失い, 路線の違う
仲間を批判する自己中の行為も闘いの致命傷になるのです。

市民運動と共との関係がうまく運ばなくても、それは折込済みですから
その点で、悩んだりする必要のない体制にして進んでいる訳ですね。
致命傷に至る影響力を防いだ方法を取り入れているのです。

この事は、皆さん知っていると思い込んでいたので殊更、お知らせは
していませんが、社民共と市民という従来の協力関係が変わりました。
路線については時折、筆者の文中に入れていたと思っていたので
(でも、忙しい方々が多いので、その点を見逃したのでは,と判断します)

共ー社国民の路線で進んでいるので、共の独走も致命傷にはならない
という対応策ですすんでいるから、共からの中傷は予想の範疇なので、
ご心配なく, という重要なお知らせ(阿修羅に時折投稿するので必要な
伝達)が時間の都合上、遅れた事になり、遅まきながらお詫びします。

これで一応、ホッとしました。
ーーーーー  −−−−−  −−−−−  −−−−−  −−−−− 

議論板でのこれまでを
   かいつまんで振り返ってみますと、、、、、

新党を作りましょうか?
党首は誰にしますか?

などの話が少し進んでいた所に
天木直人を立てると言う話になった訳です。

ネット新党・「風のふるさと」庶民の声とかで、まとまりそうな雰囲気に
なったところで
天木氏が9条ネットから立候補すると言うことが決定となりました。

この時点から、話がパッタリ止まってしまったのでした。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


それは、9条ネットと、ネット護憲新党:風のふるさと,庶民の声)との
整合性に戸惑い、こちらサイドでは、誰も次の言葉が出せなかったのだと
思います。じゃーということで、9条ネットを直ちに応援する事も出来ず、
ネット新党・風のふるさとから天木氏を立てようと、広く宣伝した手前、
この間をどう関連付けて説明するのか
少しの間、手を着けることができませんでした。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

結論として、議論板より 天木氏を推薦している事は事実ですし

その背景を、内容に応じた形で明らかにしておく必要がありましょう。

そこで「風のふるさと」「庶民の声」と言う党からの推薦を続けましょう。

党の社会的位置付けですが(阿修羅参加者のメンバーを想定しているので、
阿修羅放課後のクラブ活動の中の一つという位置付けで適切かと思います。
政治活動なので「党」という表現は、積極性があって良いでしょう。

ネット新党・風のふるさと,庶民の声は、小さくても
他の諸政党・諸団体・諸組織と同じように、9条ネットとは等間隔を保ちます。
(共も,そのような等間隔にもっていけると思いますよ。次回選挙辺りでは)

9条ネットを日本の護憲・9条を守るの一点で、賛同する全国民を繋ぎましょう。

(権力に対抗する諸政党とも等間隔で連携を強める形が良いでしょう)
(共も9条ネットとは等間隔が正常な線と考えれば良いし) 全国民を繋ぐ、。
新社会党も、その事を自覚して頂き、独占的な姿勢はできるだけ控え目に
幅広い党や組織や団体から上がってくる推薦の人物を国民の目線で選んで
候補に推薦できるような姿勢が重要でしょう。
ネット新党は、メンバー選抜推薦の担当者も外注でもよいから準備しょう。
高角度の組織範囲からの選別可能な立場で
野党側諸政党の人材不足にも推薦者を紹介できる位の担当の方とか。

(今回の参選では間に合わない感じですので、次回選挙の準備としてでも)

〈天木氏も今回はムリであっても、引き続き次回に挑戦すれば良いし)

(やはり今回は間に合わないでしょうが、権力に対して国民サイドの乱立を
避ける為に運動組織間の疎通の為の「連絡網準備」、そのための文書を
作成したら、連絡網組織への「配信」の仕事も受けてくれる担当の方も)

9条ネットの方向性として
権力に対抗する既存の諸政党との競合を避け連帯に繋ぐ政治力は必要。
(候補者の先走りに総合計画を示して、効果をだす選挙戦に繋げて貰う)

・・・・・さて、それでは、
9条ネットと等間隔の、ネット新党・風のふるさと,庶民の声)の事ですが

◎党首については、皆さん忙しい。以上の仕事のどれかが得意であり
(あるいは専門だから)引き受けても良いと思われる方々。

◎自身の立場について(他の人の立場の為に、ではなく)直接の問題として
自身の質問主意書を出してみたいという真剣なテーマをもっている方々。

参選が終わるまでは
以上の二種類の政治的仕事と兼務する形で「党首代理」を引き受けてほしい。

00担当兼党首代理、という形で数名の党首代理を置いて、スタートしては?と
思います。例えば、秋吉はマネージャー担当兼党首代理というようにです。
政治家になる気はなくても、阿修羅クラブ活動の実践としては面白そうで、、、

マネージャー担当で党首代理Dくらいにするとしても、
政治家になる積りはないし、マネージャーの仕事も見たとおりはかどらない。
ということは、マネージャー担当・党首代理の代理もまた必要な気がします。
党首代理は立候補の可能性もあり、仕事の経過等を通じて、各々の
個性が顕れて、推薦されたら本名など明らかにして備える。こんな事を
のびのび考えられるクラブ活動の新党なら肩もこらず楽しいでしょう。

ーーーーー  −−−−−  −−−−−  −−−−−  −−−−− 

以上のような機能をもつ新党を作りたいのですが、その目的は

理想の社会作りの為に、その政策が始められる政治体制を整えたい事。

全員を幸せに向わせ、能力(仕事)が活かせる社会を、始める為には、

やる事なす努力が、その目的に有効に作用しないと

ムダな活動になてしまいますので、「始められる体制の実現」は重要です。

実現を疎外する要因を発見したら、それを取り除く事を実践して
側面から、始められる体制作り(交代ですか)をバックアップする為です。

理想の社会作りの方向にむかって、
行く手の困難を解決し取り除きながら、前進させる立場として、
ネット新党「風のふるさと」庶民の声)の存在に期待しています。

ーーーーー  −−−−−  −−−−−  −−−−−  −−−−− 


以上に上げた作業をするための
ブログ・HP.どちらか
(ネット新党「風のふるさと」「庶民の声」)
を作るに当っては、何でも独走で決めない。
チーム(皆さん党首代理かな?)の合意を得て決定する
(色・柄・形状など相談しながら決める)
(政策の方向は、これから検討と言う初期段階ではないので外します)

IT関連、ど素人なので、見本や形状など
いいものがあれば、提示していただき
皆さんで選んだり工夫したりして
納得のいくものを作れたらいいですね。

党名にちなんで、
自然と里山のふんわかした風景がいいが
家とか人が多少入った方がいいように思う。


以上、プロジェクトチームとして、やっていきたい方向と仕事内容を
書いてみましたが、この部分なら引き受けても良いと思えることが
ありましたら、そして国民が生活し易い社会環境を実際に取り戻す事に
意義を感じられる方、党首代理グループ(笑)としてでも歓迎ですし
先端的仕事なので、ぜひ一緒に手伝ってくださいませんか。

ブログ、HP、何か提案あったら、お願いします。

議論板が25~26に変わっても、
25版をみたら、チームのURLが確認できるように、
ここで、形に残したいと思います。
(天木氏を推薦したのも25版でした)

管理人さん、板を変えないでいただき、本当にありがとうございました。
もう大丈夫です。
          阿修羅クラブの一プロジェクトとして立ち上げて
この文へのレスでURL案内ができるところまで行けると思います


ーーーーー  −−−−−  −−−−−  −−−−−  −−−−− 

ーーーーー  −−−−−  −−−−−  −−−−−  −−−−− 

ーーーーー  −−−−−  −−−−−  −−−−−  −−−−− 


 ここまでで、内容がお伝えできているようですし、
以下は、むしろ無いほうが良いのでは?と思ったので、
要点な部分だけ残しました。繰り返しが多く読みにくいでしょうが
ここからです

時間のある時には=====線以下も目を通してください。

結論。
一人で出来る事は微力ながらも、全部やってきたつもりです。
一人でやるのはムリだが、出来れば,あれもやれたら、この仕事のプラスに
なり、もう少し上手く運べるようになるのではないかという事を感じるので、
理解がいただけるなら、志や方法に対して、必要なそれぞれの
別の能力を提供しあって、不足を補い合い、
新時代(理想の社会へ到着するという当面の目標)の
実現にむかって、指針的仕事を十分に推進できるチームがほしいのです。
(当面,新時代からの政策がメインではないですが、その重要部分の研究も
想定内にしながらも、ここで政策構想を戦わせて検討する事はやりません)
構想があるから、そこへ向って進んでいるからです。、
新時代(理想の社会)実現に理解していただいた上での参加ならは歓迎です。

個人では出来ない部分があっても。阿修羅には人材が溢れています。
どんな問題でも、独断で進めないで、合意の努力をし、出尽くした後で
決まらなければ、発案者が決めるという事でどうでしょう。

新時代内容などを究明し、活用できるように調整した上で、伝達文を作成し、
この伝達文を活用しながら、新時代を実現していければ良いと思います。

研究と実践を同時に進めるグループなので、、普段やっている事、得意な事を
持ち寄って、(新時代への方向的指針に合わせて、進められるよう)
必要な能力(的作業)を提供しあう、こんな事が出来ればといいですね。


===============================

「知識人は、候補者の乱立をなんとか防ぐように力を尽して下さい」

実は、この言葉は、既成の野党政党の政党間問題ではありません。

では、乱立を防いで下さいとは、どこに向けての言葉か
それは、浅野さんを擁立した勝手連とか、大小の組織が
既成政党に不甲斐なさを感じて、我こそがと立候補してしまうと
あらゆる運動や活動、諸政党を差し置いて、勝てない乱立の戦いに
選挙を持ち込んでしまう市民運動側の危険性に対し、ちょっと待って
とお願いしていた訳です。
kotetu さん側は、そのお願いが政党レベルの乱立を防いでほしいと
共と社民・民主、市民運動の間の事と受け止められたように思います。

野党間協力問題は一つのパターンが決って、本年は新しい方針で
実践中となっていると思います。

その方法とは、既に阿修羅でもお知らせしていると思っていましたが
忙しい人は斜め読みで、印象に残っていなかったのではと考えられます。

これまでの経験から、共産党の協力を求めてもムダであること
たとえ共産党が参加した野党全党の協力が実現しても
つまり、共〜社国民の全党の協力が実現しても、勝てる時間帯は
既に過ぎ去ってしまった。

今度の作戦は、共産党に対しては、協力を求めても努力が実る事はない
との判断から協力を求めない。全地域への立候補も黙認する
(その理由は権力に対する批判は的確である点を考慮)
これまでと違う点は、共闘しょうと協力を求めない事。そこに血の通わない
山があるような感じと受け止めるしかないでしょう。

共とも、できるところは協力するとしても、
比重を社・国・民を中心にして、国に無党派・自民系無党派を集める工夫
そして社国民の連携を強めていく、という方法に重点が移っているのです。

共産党が全地域に、候補を立てても、それは既に問題にはならない、
というのも、折込ずみなので、あえて気にする必要がないという事です。
国民の立場を選挙で少しでも良くしていくには、効果を上げる必要があり、
可能な所で協力が必要です。協力できない所を当てにしたら国民に迷惑を
かけてしまいます。

共産党候補を計算に入れなくても、野党間での競合もどうしてもありますが
まだ調整努力中のところもあるかと思います。
国民の立場を少しでも良くするために選挙での協力の努力をしている訳で、
★このような努力を続けている中で、最も困る事は何でしょう。

政党間の協力を進めながら、競合を可能な限りさけるとしても、
違う場面から、競合の相手がボンボン立候補してきたらどうなります?
努力が何の意味も成さなくなるでしょう。
自公が乱立するなら、国民サイドには問題とはなりませんが、
野党側の乱立として、国民市民の運動・活動から立候補者が増大すれば
明らかに野党側・国民サイドにマイナスの結果として結び付くでしょう。

国民市民が闘うべき相手に対して
分断状態の選挙になってしまう訳です。
国民人類の生存の敵に対して、効果の上がらない選挙になってしまう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
勝てる戦いをするために、国民野党側は纏まった方向で協力して候補を
立てなければならないのに、市民運動と野党既成政党の間に総合的な
連携網が存在せず(国民野党分断作戦が浸透しているようです)
市民活動組織も分断されて、特区的な意識で候補を立て熱心であっても
総合的な視点を欠いた戦いになり、効果が出せない。8割の国民側が
2割の支配層に権力を牛耳られて、権力は3分の2の議席を確保している。
国民庶民を諦めムードに
していまう。

相手の分断作戦(金と権力による策略)を克服しながら進むしかない
選挙戦で乱立を避け、有効な闘いをするには、その為の作業が必要。
分断作戦を防ぎ回復しながら、市民組織間の意志の疎通・野党政党
との適切な連携こんな所から、こつこつ回復していかないと、
政治の空洞化の上の、巨大な権力、国民の立場を忘れた形だけの
押し着せ政治。これでは、国民庶民を諦めムードにしていまう。

主役は国民市民なのに、虫けらの存在としかみていない権力。
この権力を力で応援させられる知識層。この知識層が強力な権力側を
さらに強めさせるように使われる。
国民市民はたまったものではない現状と言えるでしょう。


理想の社会新時代へと、進む事は絵空事ではなく、
現実問題として前進していっているのであり、
前進の障害の原因も、国民分断作戦が大きく影響しているのではと
見られており、障害克服には分断作戦を見抜き

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(この部分は繰り返しになっていそうですが、阿修羅には未表現かな?)

重要な、まだお知らせしていなかった事

実社会に於ける事実しから、先に申し上げましょう。
現在
阿修羅の政治活動については、最も遅れをとっています。
(勿論、議論・雑談の政治活動の事です)
(裏を返せば、最先端を行く事も,また直ぐにも可能という事です)

現実の野党協力は、実際のところ阿修羅より順調に進んでいます。
むしろ阿修羅の遅れが、現実の足を引っ張りかねないので
   遅れを取り戻し、前線に出る努力をしてみますか?
   阿修羅参加の皆さんが、お望みならばという事ですが。

***** ・ ***** ・ ***** ・ ***** ・ ***** ・ ***** ・ ***** ・ *****
米による支配方法として、日本の国内がまとまらない様に、つねに不安な
状況を作り出し、それを保ち続ける。方法は日本国民の分断作戦でしょう。

共産党と、国民野党の対立で、国民がまとまって動く事ができない。
国民は成されるまま分断され続けたら、米の支配は永遠に続くでしょう。
日本国民が力を合わせないと、権力に対して、有効な力とはならない。

共産党と、その他の野党,国民は足の引っ張り合いで、権力が弱っても
国民サイドが勝てる情況にはならない。

普通、人数が過半数を超えていれば、政権を担える筈であるが
9割の人数になっても、政権の外に置かれて、いい加減な政策で
軽視され続ける。(共支持者の市民活動批判も致命傷になっている)

国の責任ある立場も、適材適所ではなく、早い者勝ちで競争に強く
手に入れるに長けた者が、その位置に就く。そんな感じで
人材主義ではない現状になっているような気がする。
早い者勝ちではなく、広い範囲の中から適任者を正確に選出するという
ルールがないように思う。
(ここに次に上げる微調整というものが必要になっているように思う)

***** ・ ***** ・ ***** ・ ***** ・ ***** ・ ***** ・ ***** ・ *****

各、立ち位置からの個人の勇気ある前進的な行動は、
あらゆるプロジェクトに於ける、強力な推進力となっています。

各、立ち位置の違い、目標の捉え方の差がある為に、
勇気をもって一歩前進した時、そこで必ず組織的な確認が必要になる。

前進しました。踏み出したその位置は、目標に対して,どの角度を向いて
いるか、そのまま真っすぐ進めば目標に着けるのか。
踏み出したのは事実であるが、人々の期待に正確に応えた位置か?

全員の目標に向けて、行動の後,一旦立ち止まって
姿勢の方向に微調整が必要となる場面に立つので、その場を有効に
活用して、ズレを正す。このような修正をみなさんの力で実践すると、
個々人の各勇気は、全体の活動を大きく推進してくれる原動力となる。

この勇気ある一歩前進後の、微調整を怠ると、あちこちに不満が残り、
目標に向って全く進展しない拡散状況になってしまいがちです。

活動しながら、常に反省と各路線の修正を実践しながら目標をめざす。

***** ・ ***** ・ ***** ・ ***** ・ ***** ・ ***** ・ ***** ・ *****


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

実社会の野党間協力については、以下のような形で進んでいます。

-----この件に関しては、トップに持って行きました。-----

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


新時代・理想の社会実現に向けて、
障害を克服しながら、効果の上がる前進の方向を提示していけるような
そんな阿修羅プロジェクトチームがあると、阿修羅にやってきた意味が
あるようで、とてもありがたいと思います。

新党や党首の問題から、天木氏を議論板25から推薦しています。
党首代理を数名用意して、頼りになるチームとして存在させる事も
意味があるので、参加しようかと思ってくださる方々、どうぞよろしく。


(また天木さんも、議論25から推薦を受けている、ではなく
ネット新党「風のふるさと」庶民の声、から推薦を受けているし、
出身母体とする事もできるし、望むなら参選に向けて党首を名乗る事にも
利用できる訳です。縛られないで自由な選択が可能ですし、その事により
ネット新党も、独自の研究や目的を推進するのに弊害が出るという事も
ありません。何もやらずにも済みますし、やりたい事はかなりの実現も
できるでしょうと、そのように思います。)

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 議論25掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。