★阿修羅♪ > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ14 > 133.html
 ★阿修羅♪
牛のヨーネ病/検査試薬で誤判定/農水省 畜産農家に知らせず/紙議員照会で判明(しんぶん赤旗)
http://www.asyura2.com/07/gm14/msg/133.html
投稿者 gataro 日時 2007 年 9 月 08 日 11:12:12: KbIx4LOvH6Ccw
 

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-09-08/2007090803_02_0.html から転載。

2007年9月8日(土)「しんぶん赤旗」

牛のヨーネ病
検査試薬で誤判定
農水省 畜産農家に知らせず
紙議員照会で判明

--------------------------------------------------------------------------------

 長い潜伏期間のあとに発症する家畜伝染病の「ヨーネ病」の検査試薬(エライザ抗体検査)が、牛ウイルス病ワクチンの接種後だと「陽性」と誤判定するケースがあることがわかり、「陽性」と誤判定された畜産農家の牛が殺処分されていた可能性もあることが七日までに明らかになりました。

 農水省が都道府県に注意喚起の通知をだしたのは、ことし七月中旬。畜産農家には検査試薬が誤判定することは知らされておらず、補償問題が発生しそうです。

 ヨーネ病は、家畜伝染病予防法で定められた慢性下痢症をおこす病気。農水省によると、二十年前は年間百数十頭程度の発生でしたが、一九九七年には五百七十四頭と増え、二〇〇四年と二〇〇六年には千百頭を超えています。

 潜伏期間が長いため、家畜防疫上とくに注意が必要な病気で、検査試薬で感染を早期に発見することが法律で義務付けられています。感染牛が見つかった場合、同居牛をすべて殺処分する必要がありました。

 ところが、日本共産党の紙智子参院議員がこの問題で農水省に照会して、国内の製薬会社が牛ウイルス病のワクチン接種後に一過性の陽性反応を示す事実が究明されていたことがわかりました。

 農水省はことし七月に「検査対象牛のワクチン接種歴の確認」と、ワクチンの接種が確認された牛については、接種してから二カ月以上経過したあとに検査するよう都道府県に通知をだしています。

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ14掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。