★阿修羅♪ > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ14 > 155.html
 ★阿修羅♪
「数か月以内に世界中にまん延する恐れも」 WHO、鳥インフルエンザまん延を警告、各国に情報共有を呼び掛け = AFP
http://www.asyura2.com/07/gm14/msg/155.html
投稿者 ダイナモ 日時 2007 年 11 月 21 日 07:54:27: mY9T/8MdR98ug
 

http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2314923/2376411

【11月21日 AFP】世界保健機関(World Health Organization、WHO)は20日、鳥インフルエンザが数か月以内に世界中にまん延する恐れもあると警告し、加盟193か国に情報共有を呼び掛けた。

 マーガレット・チャン(Margaret Chan)事務局長はジュネーブ(Geneva)で行われた政府間会議の開会にあたり、「感染は数か月以内に世界中いたるところに広がる可能性がある」と警告。「薬剤耐性を持つウイルスの発生を監視する唯一の方法は、現在確認されているウイルスを共有することだ」と指摘した。

 ただしインドネシアは2006年12月にサンプルの共有を保留している。貧困国が欧米の研究機関にサンプルを無償提供しているにもかかわらず、生産されたワクチンを購入する余裕がないことを不服としているためだ。

 WHOが正式発表した最新の統計によると、2003年以降12か国で335人が発症し、死者206人を出した高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)では、インドネシアが最も大きな被害を受けている。

 鳥インフルエンザの感染源はこれまではすべて動物であるが、WHOは人から人へ感染する変異型が発生し、1919年に約4000万人の死者を出したスペイン風邪以来の大流行に発展する事態を懸念している。

 ジュネーブで出された提案では、インドネシアは情報提供とワクチンの利用を結びつけるよう求めている。

 WHOは事務局長への報告書で、事前購入もしくは先行契約の制度を提案している。WHOによると、この制度によって貧困国はある程度の数量のワクチンを確保できるという。

 WHOは2010年までに鳥インフルエンザ・ワクチンの生産量は年間450万本程度にまで増やせる可能性があるとしている。(c)AFP
 


  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ14掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。