★阿修羅♪ > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ14 > 161.html
 ★阿修羅♪
ミネソタの豚脳組織採取労働者が謎の神経病 慢性炎症性脱髄性多発神経炎に似る
http://www.asyura2.com/07/gm14/msg/161.html
投稿者 シジミ 日時 2007 年 12 月 06 日 23:18:32: eWn45SEFYZ1R.
 

http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/agrifood/namerica/news/07120601.htm

07.12.6

 米国・ミネソタ州の豚肉加工会社・Quality Pork Processors(QPP)の11人の労働者が神経病にかかった。11人すべてが豚の脳組織を輸出用に採取するパートに属している。

 工場は圧搾空気で脳組織を採取することはやめてきたし、豚の頭や器官を処理する工場のパートではヘルメットにフェイスシールドを付け、労働者の腕のカバーもしてきた。

 しかし、この11人が病気になったことで、豚の屠体から脳組織を採取すること時自体を中止した。会社のワディング社長兼CEOは、「これはまさしく予防措置だ。原因も、労働者保護の方法も皆目わからない。保健省が勧告したから、これらの措置を実施し、また続けるだけだ」と言う。

 11人すべてが既に退院、二人を除き仕事に復帰した。

 ミネソタ保健省(MDH)は4日、11人のクラスターの調査中で、国中の他の豚肉工場でも同様な例がないかどうかも疾病管理予防センターと協力して調べていると発表した。ワディング氏は、化学物質、ウィルス、細菌、どんな可能性も排除しない、MDHも症状の出た労働者の家やレクレーション施設もチェックしていると話す。

 MDHによると、5人の患者の症候は、末梢神経の髄鞘(ミエリン鞘)の損傷が原因となる慢性炎症性脱髄性多発根神経炎*(治療法未確立の難病とされる)に一致するという。


Minnesota Pork Plant Stops Harvesting Brains As Precaution,Cattle Network,12.5
http://www.cattlenetwork.com/Content.asp?ContentID=180827
 
*難病情報センター:慢性炎症性脱髄性多発根神経炎
http://www.nanbyou.or.jp/sikkan/110.htm

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ14掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。