★阿修羅♪ > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ14 > 163.html
 ★阿修羅♪
米牛肉「30カ月」で交渉 輸入緩和巡り政府認める(朝日新聞) ― 米側は完全撤廃を要求
http://www.asyura2.com/07/gm14/msg/163.html
投稿者 シジミ 日時 2007 年 12 月 08 日 20:19:37: eWn45SEFYZ1R.
 

http://www.asahi.com/politics/update/1207/TKY200712070317.html

2007年12月07日23時01分

 生後20カ月以下に制限している米国産牛肉の輸入条件の緩和問題について、町村官房長官は7日の記者会見で、米国が合意すれば、「30カ月未満」への緩和を食品安全委員会に諮問する考えを日本政府として初めて公式に認めた。ただ、米国は月齢条件の完全撤廃を強く求めており、日米が合意する見通しは立っていない。また、条件緩和には食品安全委員会の判断が必要とされており、同日夜に記者会見した若林農水相は「科学的知見から判断する政府の方針は一切変わっていない」と語った。

 町村氏は会見で、30カ月未満への緩和について「今年の春ごろから、ずっとそういう方針で米国と話し合ってきた」と明言。一方で、国際獣疫事務局(OIE)が5月に月齢を問わず牛肉を輸出できる「準安全国」として米国を認定したため、「米国は『国際基準に従って(月齢を問わず牛肉を輸入)すべきだ』という立場で(日本側と)調整がついていない」と述べ、日米間の交渉が難航していることも認めた。

 輸入条件の緩和を巡っては、日米両国が6月以降、米国におけるBSE(牛海綿状脳症)の危険性についての共同報告書のとりまとめを進めている。科学的知見を判断基準とする日本政府としては、この報告書の結果を踏まえて、米側と協議を重ね、合意できれば、食品安全委員会に諮る方針だ。

 福田首相は国民生活の安全・安心の確保を政権の重要課題と位置づけており、11月の日米首脳会談でも、日本市場の全面開放を求めたブッシュ大統領に対し、「国民の食の安全を大前提に、科学的な知見に基づいて対応していく」との考えを伝えている。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ14掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。