★阿修羅♪ > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ14 > 228.html
 ★阿修羅♪
米国産牛肉:4年ぶりにカルビ輸入解禁へ(朝鮮日報)
http://www.asyura2.com/07/gm14/msg/228.html
投稿者 gataro 日時 2008 年 4 月 20 日 21:45:54: KbIx4LOvH6Ccw
 

http://www.chosunonline.com/article/20080419000028

米国産牛肉:4年ぶりにカルビ輸入解禁へ

 韓米牛肉交渉が18日、両国の首脳会談を翌日に控えた時点で最終合意に達し、早ければ5月中旬から米国産の牛カルビをはじめ、骨なし肉、スネ肉、小腸、テール、ソーセージ、くん製肉などの牛肉製品の輸入制限が撤廃される見通しになった。農林水産食品部の閔東石(ミン・ドンソク)農業通商政策官が同日、明らかにした。


 米国は韓米自由貿易協定(FTA)批准の先決条件として、牛肉の輸入拡大を韓国側に求めてきた。両国は11日から8日間にわたり行われた韓米高級事務レベル会合を開き、土壇場の交渉を行ってきた。今回の妥結により、米国産牛肉は狂牛病発生から4年余りぶりに解禁されることになった。


 韓米両国は現在「生後30カ月未満の牛の骨を除いた肉」に制限されている米国産牛肉の韓国への輸入規制を2段階に分けて緩和し、事実上無制限で制限できるようにすることで合意した。


 第1段階では生後30カ月未満の牛の扁桃部(舌の付け根)、回腸遠位部(小腸の末端)を除く全ての部位の輸入を認める。これにより、現在輸入が認められていない脳、目、頭蓋骨・背骨、背骨の中の神経部位なども輸入できるようになる。


 第2段階では、米政府が牛の脳などを材料に製造した飼料を全ての動物に与えることを禁止した狂牛病防止措置を実施した時点以降に生まれた生後30カ月以上の牛についても、狂牛病の懸念がある七つの特定部位(扁桃部、回腸遠位部、脳、目、頭蓋骨、背骨、背骨の中の神経部位)を除く全ての部位の輸出を認める。


 米国産牛肉は、韓国の国産牛の半額から4分の1の値段で味と品質が優れているため、消費者の人気を集めるとみられるが、FTAに反対する市民団体は、李明博大統領の訪米とFTA批准に向けた拙速な合意であり、狂牛病の懸念を拡大させるものだと非難している。


クム・ウォンソプ記者

朝鮮日報/朝鮮日報JNS



  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ14掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。