★阿修羅♪ > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ14 > 256.html
 ★阿修羅♪
【遺伝子組み換えと関連?】殺人トマト? 米で食中毒騒動、マックなど使用自粛【朝日】
http://www.asyura2.com/07/gm14/msg/256.html
投稿者 傍観者A 日時 2008 年 6 月 12 日 10:25:46: 9eOOEDmWHxEqI
 

【ニューヨーク=真鍋弘樹】米国各地で4月中旬以降、サルモネラ菌に汚染されたトマトによる食中毒が167件確認され、ハンバーガー店などの外食産業が生のトマトの使用を控える動きが広がっている。

 米食品医薬品局(FDA)によると、被害が出ているのは大型の品種で、小型のチェリートマトなどは安全が確認されている。FDAがサルモネラ菌による食中毒の恐れを警告したのがきっかけで、マクドナルドなどの大手外食チェーンが次々と該当するトマトの使用を自粛。最大手のウォルマートなど小売りチェーンも販売を控え始めている。

 サンドイッチなどに欠かせない食材だけに消費者の間では動揺が広がり、タブロイド紙のニューヨーク・ポストは1面で「殺人トマトの攻撃」という見出しで報じた。

コメント:サルモネラ菌汚染とのことだが、本当だろうか?遺伝子組み換えが原因ではないだろうか?仮に菌の件が本当としても、そうした菌に汚染されやすくなった原因として間接的に遺伝子組み換えが絡んでいるのではないか?
何故そのように考えるかというと、遺伝子組み換え食品として最初に発表されたのが「フレーバー・トマト」という品種であったことが記憶にあったからだ。

【参照】
http://www.suga.gr.jp/haru/cok/idenshi/
・遺伝子組み換え食品の第一号は、1994年、アメリカで日持ちの良いトマト

http://www.jo-kan.or.jp/mamechishiki/idensi.html
・遺伝子組み換え食品について  


  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ14掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。