★阿修羅♪ > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ14 > 324.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
H7N6型は76年にオーストラリア、07年にモンゴル、06年にはスロバキアで検出。なぜ今、日本で?
http://www.asyura2.com/07/gm14/msg/324.html
投稿者 taked4700 日時 2009 年 3 月 01 日 23:09:16: 9XFNe/BiX575U
 

(回答先: 「納得いかない」鳥インフル検出の農場主が愛知県批判【産経】 投稿者 ワヤクチャ 日時 2009 年 2 月 28 日 12:46:44)

一箇所で集中して飼うことでウイルスの変異が盛んになると言うことらしいのだが、それなら、オーストラリアとか、モンゴル、スロバキアでは、違った飼い方をしているのだろうか?
鳥小屋でないとしても、少なくとも集団で飼うことには変わりがないと思うのだが、分散して飼うような新しい飼育の仕方があるのだろうか?

また、
http://niah.naro.affrc.go.jp/disease/poultry/toriinfluqa.html#17
を見ると分かるが、過去には秋田県のオオハクチョウに感染していた例もある。
また、野鳥のモニターのために、ハトやカラスを適宜捕まえて感染を調べることもやっているはずだ。

つまり、鳥インフルエンザは、人間に感染するよりも同じ鳥類の方が感染しやすいのであり、今回、カラスやハト、その他の鳥についての検査がされているのかどうか、報道がないのはなぜなのか不思議だ。

http://www.asahi.com/national/update/0301/TKY200903010101.html
愛知の鳥インフル、弱毒性H7N6型と確定 農水省発表
2009年3月1日20時47分

 愛知県豊橋市のウズラの採卵農場で検出された高病原性の鳥インフルエンザウイルスについて、農林水産省は1日、弱毒性のH7N6型と確定したと発表した。周辺の採卵農場や養鶏場では出荷を停止している。感染がないと確認されれば近く県と農水省が協議し出荷を認める方針。

 ウイルスが検出されたウズラ農場から半径5キロ以内には、ウズラの採卵農場8戸を含めニワトリやアイガモを飼う農場が24戸あり、先月27日から卵や鶏肉、飼料などの移動が制限されている。愛知県のこれまでの調査では感染の拡大は見られないという。

 農水省によると、H7N6型は、1975〜76年にオーストラリアでカモとニワトリから、04〜07年にモンゴルで野鳥のカモから、06年にはスロバキアで野鳥から検出された例があるという。

 一方、同県は1日も現場の農場でウズラの成鳥の殺処分を続けた。これまでに、対象の25万9千羽のうち6万羽余の処分を終えたが、作業の完了までにはあと数日かかる見通し。県は2日から埋却に着手する。

 また同県は、半径5キロ以内の移動制限区域内にある24農家を対象にした立ち入り調査やウイルス検査のための血液採取を1日までに終えた。
 


  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ14掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。