★阿修羅♪ > 国家破産49 > 225.html
 ★阿修羅♪
信号機、進む劣化 更新予算が激減 警察庁が対策検討(朝日)
http://www.asyura2.com/07/hasan49/msg/225.html
投稿者 天空橋救国戦線 日時 2007 年 2 月 09 日 18:00:50: ZtsNdsytmksDE
 

http://www.asahi.com/national/update/0209/TKY200702090251.html

 古くなってもなかなか更新されない信号機や標識が増えている。耐用年数をすぎた信号機も少なくなく、色落ちした道路標識も目に付く。信号機や標識、横断歩道といった交通安全施設は、「交通戦争」と呼ばれた70年前後から、経済成長の後押しもあり、増え続けたが、このところの財政緊縮化の影響で国庫補助が伸び悩み、自治体の関係予算が大幅に削られているためだ。歩行者やドライバーの安全確保には欠かせない安全施設だけに、警察庁は今月、懇談会を設けるなど対策の検討に入った。

 交通安全施設はそれぞれ耐用年数が定められている。信号機は19年、道路標識は10年。警察庁の計算では、老朽化した施設を基準通り更新していくだけでも年間約940億円必要なのに、04年度以降は、施設の新設も含めた総事業費がこれを下回っている。

 道路標識は耐用年数を10年超えて使い続けている事例はざらで、信号機も耐用年数を4〜5年超えても更新できないものが相当数出てきているという。耐用年数を超えると、道路標識は色あせが激しくなり、信号機も信号灯の明度が落ち、ともに視認性が悪くなるという。

 現在、全国にある信号機は約19万基、道路標識は1006万枚、横断歩道は105万カ所。70年に交通事故死者数が過去最多の約1万7000人を記録したのを機に、警察がこれらの交通安全施設の整備を進め、信号機と道路標識、横断歩道は71年度の5〜7倍に増えた。

 交通安全施設の整備に対する総事業費は道路の延伸もあり、右肩上がりだった。だが、93年度の1465億円をピークに「バブル崩壊」後は減り続け、05年度は6割足らずの850億円。特に地方自治体単独の事業費の減り幅が大きく、05年度は93年の半分以下だった。

 警察庁は今月、学識者らによる懇談会を設置。交通の状況や利用者のニーズを踏まえたうえで、コスト削減の方法や国庫補助の対象見直しなど、今後の施設整備のありように関し提言を求める。

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 国家破産49掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。