★阿修羅♪ > 国家破産49 > 613.html
 ★阿修羅♪
2月米CPI:総合0.4%上昇―食品・被服・居住費インフレ加速(2) (ブルームバーグ)
http://www.asyura2.com/07/hasan49/msg/613.html
投稿者 愚民党 日時 2007 年 3 月 17 日 00:35:19: ogcGl0q1DMbpk
 

(回答先: 2月の米消費者物価上昇率、0.4%=コアは0.2%−労働省 (時事通信) 投稿者 愚民党 日時 2007 年 3 月 17 日 00:29:57)

2月米CPI:総合0.4%上昇―食品・被服・居住費インフレ加速(2) (ブルームバーグ)

2007年3月16日(金)23時35分

3月16日(ブルームバーグ):米労働省が16日に発表した2月の米消費者物価指数(CPI、季節調整済み)統計によると、全体指数は前月比 0.4%上昇。ブルームバーグ・ニュースがまとめた調査のエコノミスト予想中央値(0.3%上昇)を上回った。前月は0.2%上昇だった。

一方、変動の大きい食品・エネルギーを除いたコア指数は2月に前月比 0.2%上昇と、エコノミスト予想と一致した。前月の0.3%上昇からは伸びが鈍化した。

2月のCPI指数は前年同月比2.4%上昇(前月は2.1%上昇)した。コア指数は前月に引き続き前年同月比で2.7%(前月は2.3%上昇)上昇した。

バークレイズ・キャピタルのエコノミスト、ジュリア・コロナド氏は、「明らかにインフレ圧力はまだある。連邦公開市場委員会(FOMC)の金融政策引き締めバイアスが現段階では正しい見方だと言えよう」と語った。

2月のCPI指数内訳をみると、エネルギー価格は前月比0.9%上昇と、前月の1.5%低下からプラスに転じた。天然ガスは5%上昇と、2005年10 月以来で最大の伸びだった。ガソリンは0.3%上昇した。

居住費は0.4%上昇と、前月の0.2%上昇から伸びが加速。帰属家賃も 0.3%上昇(前月は0.2%上昇)に加速した。このほか医療費と被服費はいずれも0.5%上昇だった。

食品は2月に前月比で0.8%の上昇(前月は0.7%の上昇)と、2005年4月以来最大の伸びを記録した。

原題:U.S. Consumer Prices Rise 0.4% in February on Fuel (Update2) (抜粋) {NXTW NSN JEZYKU3TCF0H }

翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先:ニューヨーク 楽山 麻理子 Mariko Rakuyama Editor:Yamahiro 記事に関する記者への問い合わせ先: Courtney Schlisserman in Washington

http://money.www.infoseek.co.jp/MnJbn/jbntext/?id=16bloomberg21aL16STFg4tqg

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 国家破産49掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。