★阿修羅♪ > 不安と不健康13 > 121.html
 ★阿修羅♪
アルコール依存症になった男の物語 = MRのキモチ(日経メディカル)
http://www.asyura2.com/07/health13/msg/121.html
投稿者 ダイナモ 日時 2007 年 5 月 18 日 19:00:55: mY9T/8MdR98ug
 

 MRとは:医薬情報担当者といい、病院への医薬品の営業担当者のこと。(ダイナモ)
---------------------

 酒の席で、演歌に合わせて踊るのがK太郎の十八番。社内旅行の宴会では、「K太郎、待ってました」と、どこからともなく声がかかり、座布団を三度笠代わりにして踊るのが恒例となっていた。

 東京の大学を出てすぐにMRとなったK太郎は、最初の赴任地である福岡が大好きだった。人情があり、人が皆優しく、よそ者にも隔てなく接してくれる福岡の人たちを愛していた。そんな博多の町中でK太郎は、大道芸人の弾く音楽に合わせて毎晩のように踊っていた。1日の終わりに博多の屋台の脇で踊り、酔ったお客から拍手をもらうことが、K太郎にとっての癒しとなっていたのである。

 そんなK太郎ではあったが、昼間は精力的に仕事をこなしていた。営業成績は常に上位で、正直で何事も一生懸命やり遂げるK太郎の姿は、訪問先でも人気があった。だから、直属の上司である課長も、K太郎の“踊り上戸”は、あまり気にも掛けていなかったが、それでも時に「K太郎君、君は毎日博多の街で踊り歩いていると聞くが、お酒でトラブルは起こしていないだろうね」と声をかけた。K太郎は、そうした質問にいつも「課長、心配ありませんよ。毎日踊ることで、明日への鋭気を養っているんですから」と明るく答えていた。

 しかし数年後のある日、訪問先に同行している道すがら、課長は部下の若いMRからこう聞かれた。「課長、最近K太郎さんが昼間でも酒臭いんですが、ご存知でしたか」。「本当か! いやあ、知らなかったよ。良く教えてくれた。今度、注意しておくよ」と答えた。

 翌日の朝、課長は、K太郎を会議室に呼んで面談した。
課長 「K太郎君、最近、酒の量が過ぎるのではないのか。ちゃんと休肝日は設けているのか」
K太郎 「はい課長、もちろん休肝日は設けていますし、心配ないと思います」

 その日には特に酒臭いわけでもなく、安心した課長だったが、面談が終わって会社を出たK太郎は、実はその日も、会社のそばの自動販売機で酒を買い飲んでいたのであった。

 課長は念のため翌朝も、会社に出てきたK太郎のそばに行って話しかけた。すると、視線が定まらず、明らかに酒臭いK太郎がそこにいた。課長は、怒鳴りつけた。「K太郎君! 君は朝から酒臭いじゃないか。そんな状態で得意先を回るんじゃない! しばらく会社を休んで、しっかり治療をしてきなさい!」

 課長は、すぐに知っている病院の先生に電話し、入院させて断酒させることにした。その後、約6カ月の休職期間を経てK太郎は会社に復帰した。K太郎の以前の担当先には、既に他のMRが訪問していたため、支店長の命令で、支店の業務課でしばらく仕事をすることになった。

 そんなある日、本社の営業本部長が支店を訪問して来た。K太郎の話は支店長から本部長の耳にも入っていたので、本部長はそれとなく、K太郎に話掛けて見た。
本部長 「K太郎君、もう元気になったのかね」
K太郎 「はい本部長。ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。もう大丈夫です」

 しかし、そのとき本部長は、わずかではあったが酒の匂いを感じていた。本部長は支店長室に行き、支店長に確認した。「支店長、K太郎君はどうも大丈夫じゃないようだ。奥さんに聞いて、普段の家での状況を確認しておくように」と命じた。支店長が自宅に確認すると、家にある酒は全て廃棄し、退院してから1カ月ほどは良かったが、最近はどこからか酒を手に入れて飲んでいるようだ、との返事であった。

 支店長は、業務課長と以前の課長の3人で相談し、再びK太郎に休職を命じた。K太郎はその後、何度か入退院を繰り返したが、既に肝硬変が進行しており、結局、わずか45年でその短い人生に終止符を打ったのであった。

***************

 これは、筆者が新入社員の時から面倒を見ていたあるMRの物語である。今となってはよく分からないが、どの時点からか、K太郎は酒の飲み過ぎでアルコール依存症になっていたのだと思われる。当時、十分に目をかけてやれなかったことが残念である。

 MRも以前に比べれば、仕事で酒を飲む機会は減っているが、それでも普通のサラリーマンに比べると飲む機会がはるかに多いと思う。よく人生を失敗する原因として「酒」「女」「金」などと言うが、MRの場合、その仕事柄か、MRという仕事を選ぶ人間の傾向なのか、酒で失敗するケースが圧倒的に多いようである。

 改めて言うまでもないが、「酒は飲んでも飲まれるな」である。今ちょうど、新人のMRが入社して導入教育を行っている時期であるが、先輩MRの諸君もぜひ、若者たちが酒で失敗することがないように、口を酸っぱくして指導をしてあげてほしい。

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 不安と不健康13掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。