★阿修羅♪ > 不安と不健康13 > 152.html
 ★阿修羅♪
未承認の遺伝子組み換えジャガイモ混入のカルビー、今度は、未検査のジャガイモの種芋を使った栽培で家宅捜索。
http://www.asyura2.com/07/health13/msg/152.html
投稿者 Kotetu 日時 2007 年 6 月 05 日 19:14:28: yWKbgBUfNLcrc
 

未承認の遺伝子組み換えジャガイモ混入のカルビー、今度は、未検査のジャガイモの種芋を使った栽培で家宅捜索。

 「じゃがりこ」などのスナック菓子に、安全性が確認されていない遺伝子組み換えジャガイモを混入させていて問題になったカルビーが、今度は、ホテトチップスの原料となるジャガイモの種芋を植物防疫法に基づく国の検査を受けずに、契約農家に栽培させていた。

 植物防疫法違反したのは、「カルビー」の子会社「カルビーポテト」で、3月11日、農水省が北海道警察本部に同社を告発したのを受けて、北海道警生活経済課は、北海道帯広市のカルビーポテトや東京都北区のカルビー本社などを家宅捜索した。

 植物防疫法は、病原菌のまん延防止を図るために1951年に制定されたもので、特に種イモは被害が拡大しやすいために厳しく管理され、植物防疫所の検査を受けて栽培した後に、一般農家に販売する仕組みになっている。

 合格証のない種イモは生産地からの持ち出しが禁止されているが、カルビーポテトは2004年春、富良野町や帯広市の契約農家等11戸に未検査のアメリカ産の種芋「スノーデン」約140トンを譲渡していた。
 契約農家の農場で2004年11月、病害虫ジャガイモシストセンチュウが見つかり、カルビーポテトから道に報告があった際、同社から検査を受けずに種芋を譲渡していたとの説明があり、加工用原料の調達のための大規模な違反行為が発覚した。

 これを受けて12月に横浜植物防疫所札幌支所が同社に対して調査を実施。その結果、カルビーポテト等が行なった行為は、植物防疫法違反であることが判明した。

 カルビーが製造するポテトチップスの原料用ジャガイモのほぼ全量を供給しているカルビーポテトは、原料用ジャガイモ「スノーデン」の種イモを1998年頃から直接輸入し、「試験栽培」と称して道央や道東地方の農家に「公式の検査に準じた自主検査済み」として出荷していた。(05・3/17)

●農林水産省は3月18日、植物防疫法に違反して譲渡された種芋1623トンの廃棄を命じた。ただし、廃棄と同等の措置を講じることを条件に種苗用以外の用途への使用は認めた。

ポテトチップス関連記事:国連食糧農業機関と世界保健機関、ポテトチップス「有害物質生成で健康被害の恐れ」と警告。

ローカル通信社
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-spot13.html#Anchor339285

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 不安と不健康13掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。