★阿修羅♪ > 不安と不健康13 > 213.html
 ★阿修羅♪
“ヤギ入り”チキンナゲットも 加工食品「偽装」の実態 [日刊ゲンダイ]
http://www.asyura2.com/07/health13/msg/213.html
投稿者 white 日時 2007 年 7 月 03 日 16:03:50: QYBiAyr6jr5Ac
 

□“ヤギ入り”チキンナゲットも 加工食品「偽装」の実態 [日刊ゲンダイ]
 http://news.livedoor.com/article/detail/3219809/


“ヤギ入り”チキンナゲットも 加工食品「偽装」の実態
2007年07月03日10時00分

 ミートホープ社の牛ミンチ偽装事件で、農林水産省は全国調査を開始。100点の牛加工食品のDNAを調べ、8月上旬にも結果を発表するとしている。独自のDNA検査では早くも偽装が発見され、意外なモノまで検出されている。

「今回の偽装事件が発覚した当初は、持ち込まれた検体の半数はクロという状況でした。国内より管理体制が甘い海外で製品化されている商品は、よりこまやかに検査した方がいいと思います」

 こう言うのは、福岡県のDNA鑑定会社「ビジョンバイオ」の食品分析部長・平野雅純氏。「ミートホープ」関連の製品が一斉に持ち込まれたということもあるだろうが、日本ではベラボーな数の偽装加工品が出回っているのだ。

 何が入ってるか分かったものではない。牛ミンチに豚ミンチを混入なんてのは序の口。ミートホープは中国産のカモやウサギ、ラム肉、シカ、焼き豚の端材にロールパンまで入れていたという。口に入れられるものなら何でもアリだ。

 実際、同社が朝日放送(大阪)の情報番組「ムーブ!」から依頼された加工品を調べたところ、中国製のチキンナゲットからヤギのDNAが検出された。中国ではヤギを食べるのは珍しくないというものの、日本人にはなじみが薄い。商品を輸入した都内の会社は「指摘を受けて調査中」としているが、パッケージには鶏肉と鶏皮しか表示されていないからアウトだ。

 もっとも、DNA検査をしたところで、すべての混入物が分かるわけではない。前出の平野雅純氏が言う。

「日本の検査機関では牛、豚、鶏の3種類しか鑑定できないところがほとんどです。こういうところでは、ウマやヤギ、羊が混入された製品が持ち込まれても検出できません。日本最高レベルの当社でも、ラインアップはこの6種類まで。カモやウサギになると分からないのが実情です。農水省は全国調査に踏み切ったと強調していますが、ラインアップが3種類の機関で牛ミンチを鑑定しても、豚や鶏以外の混入は分かりません」

 あり得ないと思いたいが、もし犬やネコ、ネズミ、ミミズなどが入った“牛ミンチ”があったとしても、現状ではセーフになってしまう。これがグルメ大国ニッポンの悲しい現実なのだ。

【2007年6月30日掲載】

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 不安と不健康13掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。