★阿修羅♪ > 不安と不健康13 > 215.html
 ★阿修羅♪
若年者ほど乳癌症状自覚しても受診せず = 日経メディカル
http://www.asyura2.com/07/health13/msg/215.html
投稿者 ダイナモ 日時 2007 年 7 月 03 日 21:04:57: mY9T/8MdR98ug
 

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/200707/503677.html

 29歳以下の乳癌患者は、症状を自覚してから医療機関を受診するまでの期間が、他の年齢層より長いことが分かった。予後が悪いことも確認されており、腫瘤などを自覚したら可能な限り早く乳腺外来などを受診するよう啓発していく必要がある。国立病院機構千葉医療センター乳腺科の白松一安氏らが6月28日、第15回日本乳癌学会で発表した。

 白松氏らは、早期発見には乳房自己検診が重要であることから、特に乳癌検診の効率が悪いとされる39歳以下の人に着目し、その実態の把握に努めた。

 対象は、千葉医療センターを1989〜2006年までに受診した27歳から39歳までの手術例74人。そのうち、14人が再発し、6人が癌による死亡例だった。

 年齢層別に比較するため、29歳以下10人、30〜34歳21人、35〜39歳43人に区分し、症状自覚から受診までの期間、触診腫瘤径、予後との関係、生存率などを検討した。なお、センター受診のきっかけは、腫瘤自覚63人、乳頭異常分泌の自覚7人、医療従事者による指摘2人、検診時の指摘2人などだった。

 その結果、症状自覚から受診までの期間(平均)は、29歳以下は8.4カ月、30〜34歳は2.5カ月、35〜39歳は1.1カ月で、若い人ほど長いという特徴が明らかになった(35〜39歳群に含まれている医療従事者による指摘2人、検診時の指摘2人は除いている)。

 触診腫瘤径(平均)は、29歳以下は3.3cm、30〜34歳は2.6cm、35〜39歳は2.9cmで、29歳以下群が大きいことが分かった。

 29歳以下群は、35〜39歳群と比べて予後が悪いことも確認されたことから、特に29歳以下の人に対しては、演者らは「腫瘤などを自覚したら可能な限り早く、乳腺外来などを受診するよう啓蒙していく必要がある」と結論した。

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 不安と不健康13掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。