★阿修羅♪ > 不安と不健康13 > 273.html
 ★阿修羅♪
太った子供に周囲の白い目〜がん患者の苦痛に匹敵 [U.S. FrontLine]
http://www.asyura2.com/07/health13/msg/273.html
投稿者 white 日時 2007 年 7 月 25 日 19:40:00: QYBiAyr6jr5Ac
 

□太った子供に周囲の白い目〜がん患者の苦痛に匹敵 [U.S. FrontLine]

 http://www.usfl.com/Daily/News/07/07/0723_008.asp?id=54445

更新2007年07月23日 17:59米国東部時間
太った子供に周囲の白い目〜がん患者の苦痛に匹敵
 米国内の肥満の子供は、早ければ3歳から周囲の偏見にさらされていることが、イエール大およびハワイ大学の共同調査で分かった。

 AP通信によると、太っているためにからかいや拒絶、いじめなどを受けたと答えた若者は、自殺への衝動にかられたり、高血圧や摂食障害に苦しんだりする割合が通常より2〜3倍高い。

 調査報告者は「同級生や両親、教師などが肥満の子供たちに汚名を着せる行為は、蔓延していて容赦がない場合が多い」と心理学会報7月号で指摘した。

 太り過ぎの子供の割合は2010年までに、米国で約50%、欧州でも38%に上る見込みだ。

 調査結果をまとめたイエール大のレベッカ・パール教授は、肥満の子供たちが受ける精神的苦痛は「がん患者に比肩する」とコメント。子供の肥満防止プログラムが浸透する一方で、いじめから守る努力の必要性を説いた。肥満に対する負のイメージの増幅には、テレビやメディアの影響が大きく、意地悪でばか、醜くてどんくさいというイメージが3歳の頃から植え付けられるという。

 「社会的に広く受け入れられている偏見」と言い切るパール氏は、「異を唱える声もめったくになく、無視されることが多い」と懸念する。

 同報告ではさらに、偏見の出所として最も驚くべきものに、親の存在を挙げた。実際、他の調査でも、太った少女が大学へ行くための学費を親に出してもらえる割合は、通常よりも低いという結果が出ている。

 太った子供だったというリン・マカフィーさん(58)は、「太っていたら何も達成できないというイメージを絶えず浴びせられた」と述懐。彼女が8歳の時、家が貧しいにもかかわらず、痩せたらミンクのコートを買ってあげると言った母親の言葉に、「みんなを失望させていると感じた」と話す。

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 不安と不健康13掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。