★阿修羅♪ > 不安と不健康13 > 329.html
 ★阿修羅♪
精神療法「森田療法」について 【メンタルヘルス岡本記念財団】
http://www.asyura2.com/07/health13/msg/329.html
投稿者 そのまんま西 日時 2007 年 8 月 25 日 01:16:48: sypgvaaYz82Hc
 

精神療法「森田療法」について 【メンタルヘルス岡本記念財団】

人間関係がうまくいかない。つまらないことで、すぐクヨクヨする。ささいな身体の不調におびえる。ストレスがたまる・・・。こんな悩みを抱えていませんか?だれにも言えず、ひとりで苦悩していないでしようか?
そんな人のために神経症にたいする代表的な精神療法「森田療法」を紹介します。この森田療法は、神経症の療法というだけにとどまらず、“人間的な悩みをいかに受けとめ、どう克服していくか”について、示唆を与えてくれることと思います。

森田療法とは、1920年に我が国の精神科医、森田正馬によって創始された神経症に対する精神療法です。森田療法は、対人恐怖や広場恐怖などの恐怖症、強迫神経症、不安神経症(パニック障害、全般性不安障害)、心気症などが主たる治療の対象であり、これまでに高い治療効果をあげてきています。
森田療法の特徴は、神経症になりやすい人の神経質性格(内向的、自己内省的、心配性、小心、敏感、完全主義的性格等)を基盤に、特有の心理的メカニズムで発症すると考えたのです。その心理的メカニズムとは、精神交互作用であり、思想の矛盾と呼ばれる不可能を可能にしようとする、心の葛藤であると説明したのです。そのような背景のある神経症の治療法とは、「あるがまま」と呼ばれる態度であり、不安や症状を排除するはからいをやめ、そのままにしておく態度を養う事です。

そのために、不安を抱えながらも生活の中で、必要な事(なすべきこと)から行動し、建設的に生きるという事を教え、実践させる治療方法です。つまり「あるがまま」という心を育てることによつて神経症をのりこえていくのが、森田療法の主眼です。したがって、生き方の“再教育”とも呼ぶべきものでしょう。

治療方法には軽度の場合には、通院治療で、重度の場合には入院療法があります。


神経質とはどんなものか?(神経質講義より)
森田療法の基本
森田療法の治療方法
【森田療法のキーワード】
■精神交互作用 ■あるがまま ■感情の法則
■思想の矛盾 ■恐怖突入 ■生の欲望

http://www.mental-health.org/mh13-3.html

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 不安と不健康13掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。