★阿修羅♪ > 不安と不健康13 > 363.html
 ★阿修羅♪
デング熱媒介蚊 北海道まで拡大の恐れ 国立感染研、温暖化で予測(中日新聞)
http://www.asyura2.com/07/health13/msg/363.html
投稿者 そのまんま西 日時 2007 年 9 月 16 日 11:03:51: sypgvaaYz82Hc
 

デング熱媒介蚊 北海道まで拡大の恐れ 国立感染研、温暖化で予測
(中日新聞)2007年9月15日 夕刊

 東南アジアなどで流行しているデング熱の原因ウイルスなどを媒介するヒトスジシマカの国内生息域が地球温暖化の影響で拡大し、現在の北限である秋田県から、今世紀末には北海道に及ぶとの予測を、国立感染症研究所のグループが、まとめた。

 現時点でデング熱の国内流行はないが、媒介蚊の生息域が広がると、流行の危険も大きくなる。

 同グループの小林睦生・昆虫医科学部長は「患者や、ウイルスを保有した蚊を国内に入れないようにすることはできない。蚊の防除に力を入れるべきだ」と話している。

 ヒトスジシマカはやぶ蚊の一種で、年平均気温一一度以上の地域に定着する可能性がある。一九五〇年代には栃木県が国内生息域の北限だったが、気温上昇や物流の拡大を受け宮城、山形、岩手、秋田へと北上した。

 小林部長らは、温暖化予測モデルを基に二〇三五年と二一〇〇年の平均気温を算出し、ヒトスジシマカの生息域を予測した。すると、三五年には青森県の八戸市、弘前市、青森市まで、二一〇〇年には北海道まで広がるとの結果になった。今後、人口や地域の特徴も考慮して、予測の精度を上げたいという。

 ヒトスジシマカが広げる病気には、熱帯、亜熱帯地域で毎年五千万−一億人が新たに発病するデング熱やインド洋諸国などで流行中のチクングニヤ熱などがある。デング熱は感染の3−7日後に突然発熱し激しい頭痛や筋肉痛、発疹(はっしん)などを起こす。チクングニヤ熱も熱や筋肉痛、関節痛などが主症状。

http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2007091502049095.html

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 不安と不健康13掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。