★阿修羅♪ > 不安と不健康13 > 393.html
 ★阿修羅♪
皮膚下に繊維が広がる病気・モルジェロンは、やはりケムトレイルによって撒かれたナノテク兵器だった!
http://www.asyura2.com/07/health13/msg/393.html
投稿者 いんきょ 日時 2007 年 10 月 09 日 13:59:53: uk80DLO2JxoUA
 

原文サイトhttp://www.rense.com/morgphase/phase2_1.htmから、ゼカリヤさんが簡単に要約してくださいました。

-------------------------------

結論から言いますとモルジェロンズ病の本性はナノテクノロジーによって作り出されたサイバーロボット菌です。

今年3月29日 Dr. Hildegarde Staninger(アメリカの女性生物学者)はモルジェロンズ病の原生菌とされているものを調査しました。以下がそれでわかった事実です。( http://www.rense.com/morgphase/phase2_1.htm 参照 )

1.確認された繊維、ジェル物質とジェルによって形づくられた物質は eukaryotic 細胞がなく細胞の完全性を持っていない。

2.繊維のなかに確認された物質はナノテクノロジーによって作り出される未知な機能を持つ特定の構造物を形成するものだった。

3.繊維のもつ化学構成はEDSとRamanが一致せず、よって人体の化学構成物ではなく、それら人体(爪、髪、皮膚、神経など)のどんな部分でもない.

4.ロサンゼルスにあるロサンゼルス・カウンティー消防署のCA職員に確認されている特有な特徴に次のようなものがあげらる。1)皮膚は133度以上度(華氏)で融解あるいは燃焼する。2)人体からのこの繊維は133以上度あるいは1,468度でも融解あるいは燃焼もしないのでヒトの細胞で作られていない。

5.繊維として確認された構造物質は自己組み立て増殖、折り畳めて拡張する機能を備えている。

6.これらの繊維は人工的なナノテクノロジーによって作り出されたもので、eukaryotic 細胞、動物、植物などの構成物質ではなく、さらに生きた生物学的形態でもないことが確認された。

7.いくつかの標本は人工で「生物学的に人工で擬似生命のようなもので知られている容姿をしている. これらのタイプの人工の生命体はウイルス、微生物、動物 / プラントタンパク質そして/あるいは酵素のDNA/ RNA / siRNA あるいは sRNA plasmid テンプレートをナノレベルにおいて人工の技術の構造的な形を構築するために使うことを知られている。

英語がわかる人やバイオテクノロジーなどを専攻している人がいればもっと詳しくわかるかもしれません。

またこれらの物質はケムトレイル(航空機などによる噴霧)によって、テキサスにばら撒かれたものと一致したそうです・・・

------------------------------

(画像は、モルジェロン患者の身体から取り出された青い繊維の「ゴールデン・ヘッド」と呼ばれるナノロボティックセンサー部分のホログラフィックです)


http://310inkyo.jugem.jp/?eid=539

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 不安と不健康13掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。