★阿修羅♪ > 不安と不健康13 > 474.html
 ★阿修羅♪
メンタルヘルス経済学(ニートひきこもりJournal)
http://www.asyura2.com/07/health13/msg/474.html
投稿者 茶々 日時 2007 年 12 月 13 日 19:58:43: 6YmOfrLmcqc3Q
 

http://nhjournal.blog37.fc2.com/blog-entry-398.html
より引用はじめ
-----------------------------------------------------
メンタルヘルス経済学

日本ではほとんど知られていないと思うのですが、欧米では、Mental Health Economics ないし Economics and Mental Health という経済学の応用分野があります。日本語に訳せば、「メンタルヘルス経済学」「精神保健経済学」ないし「経済学とメンタルヘルス」「経済学と精神保健」といったところでしょうか。

私も詳しくはないのですが、メンタルヘルスのコスト、治療の費用対効果、労働市場への影響等が研究されているようです。

例えば、イギリスでは6人に1人が欝や慢性不安障害にかかっているのですが、そのうち何らかの治療を受けたのは4人に1人にすぎないそうです。残りの治療を受けていない人のうち、少なくとも半数は750ポンド(約17万円)のコストで治るのですが、治療を受けないため、かえって社会的にコストがかかっています。心の病気で働くことに支障が出て、就労不能手当を受け取ることになるのです。イギリスでは現在、心の病気で就労不能手当を受け取っている人が100万人いるそうです。[注]

* * * * * * * * * *

メンタルヘルス経済学の研究は、欧米で盛んです。

ヨーロッパでは、Mental Health Economics European Network(メンタルヘルス経済学ヨーロッパネットワーク)が存在し、ノーベル経済学賞受賞者を多数輩出したロンドン・スクール・オブ・エコノミクスなどがこれに参加しています。ちょうど明日12月13日には、ベルギーのブリュッセルで、メンタルヘルス経済学のシンポジウムが開かれるそうです。

アメリカにも研究者が存在し、メンタルヘルス経済学の専門書も出版されています。このエントリーの左上にある緑色の本がそうです。Amazon のなか身!検索で内容を見ることができるので、興味のある方はご覧になってみてはいかがでしょうか。

日本ではこのあたりの研究はほとんど進んでいないようです。医療経済学という分野もあるのですが、こちらも欧米ほど発達していないのではないかと思います。日本では実証研究に使えるデータが集めにくいからなのか、医療制度がよく機能してきた歴史があるからなのか、メンタルヘルスの問題が欧米ほど重要でないからなのか、理由は知りません。

[注]

The Depression Report: A New Deal for Depression and Anxiety Disorders, The Centre for Economic Perormance's Mental Health Policy group, June 2006.
---------------------------------------------------------
引用終わり

※これは現在阿修羅でも時々議論される最低限所得保障(負の消費税・ベーシック
インカム等)実現への土台となり得る学問であろう。なので日本でも是非研究が
盛んになってほしいものである。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 不安と不健康13掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。