★阿修羅♪ > 不安と不健康13 > 547.html
 ★阿修羅♪
妊娠中のストレスで子どもの統合失調症リスクが高まる = 日経メディカル
http://www.asyura2.com/07/health13/msg/547.html
投稿者 ダイナモ 日時 2008 年 2 月 08 日 23:48:01: mY9T/8MdR98ug
 

http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/mem/pub/blog/makise/200802/505456.html


 妊婦が重い心的ストレス、例えば近親者の死亡などを経験すると、胎内の子どもが統合失調症など精神疾患を罹患するリスクが高まることが示唆された。

 母親の心的状態が胎児へ影響を与えることは、従来からある程度知られていた。例えば、低体重児や未熟児などのリスク増加である。

 統合失調症の原因として、胎児期の脳の早期発達中の構造的・機能的異常が考えられ、妊娠中の環境要因や関連遺伝子が調べられてきた。

 英国マンチェスター大学のAli S. Khashanはデンマークでの138万件の出生記録(1973-95年)から、妊娠中の母親に重度の心的ストレスが発生した事例を追跡。妊娠中、特に妊娠第1期(※1〜3カ月)(first trimester)の母体へのストレスと統合失調症発生の関連を示した。


Higher Risk of Offspring Schizophrenia Following Antenatal Maternal Exposure to Severe Adverse Life Events
Arch Gen Psychiatry. 2008;65:146-152.


出生前の母体への精神的なストレスが、子どもの神経発達、特に統合失調症の発症に影響を与えるかの評価。妊娠第1期のストレスと関連が強いという仮説を立てた。

【デザイン】Population-based study

【研究対象】デンマークの1973-95年の出生コホート138万人。母親に心的ストレスがかかった状態は、妊娠前6カ月から妊娠中に、近親者の死亡、または癌・急性心筋梗塞・脳卒中と診断された場合と定義。

生まれた子どもについて、10歳の誕生日から統合失調症の発症をフォローアップ。フォローアップは、死亡、移住を除いて、2005年6月30日までとした。

【メインアウトカム】 統合失調症

【結果】統合失調症および関連疾患のリスクは、妊娠第1期中に発生した近親者の死亡により増加した(補正後相対リスク 1.67、95%信頼区間 1.02-2.73)。

ほかの妊娠期間、妊娠前6カ月での近親者の死亡は統合失調症のリスクに関連しない。

【結論】住民ベース調査では、妊娠第1期での母親への重度のストレスは子どもの統合失調症のリスクを高める。この結果は重度のストレスを受けた一般住民の研究から得られたエビデンスと矛盾せず、胎児・胎盤・母体のインターフェースにおいて脳神経系の発達に環境が影響を与えることが示唆される。


 統合失調症は社会経済上も大きな影響を与える。妊娠早期の母体へのストレス軽減介入は社会的にも有用かもしれない。そういった環境整備を配偶者、家族、社会が配慮すべきだろう。妊娠中の母親のメンタルヘルスはきわめて重要ということで、非常に示唆に満ちた報告だと思う。

--------------------
※ はダイナモが追記
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 不安と不健康13掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。