★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評5 > 149.html
 ★阿修羅♪
不二家がんばれっ! [株と馬と北海道な日常]
http://www.asyura2.com/07/hihyo5/msg/149.html
投稿者 white 日時 2007 年 3 月 28 日 18:53:14: QYBiAyr6jr5Ac
 

(回答先: 【ビデオ】TBS 朝ズバッ!の不二家報道捏造疑惑 投稿者 white 日時 2007 年 3 月 28 日 18:17:57)

□不二家がんばれっ! [株と馬と北海道な日常]

 http://hanajiroo.blog80.fc2.com/blog-entry-147.html

不二家がんばれっ!

2007/03/28(水)
「朝ズバッ!」の不二家報道「事実と違う」

 TBSの人気番組「みのもんたの朝ズバッ!」が1月に不二家の不祥事として報じた内容に「事実と異なる部分がある」と、不二家が社外に設置した「信頼回復対策会議」が指摘していることが、28日分かった。総務省は調査に乗り出す方向だ。

 TBS広報部は「事実関係を調査中で、詳細については答えられない」と話している。

 問題となっているのは、同番組が1月22日に放送した特集。不二家の元従業員とされる女性が顔を映さずに登場し、神奈川県・平塚工場で日常的に賞味期限切れのチョコレートを回収し、不正使用していると証言。包装を外して溶かし、牛乳を混ぜ、新品として再出荷する作業をイラストを使って説明した。

 だが信頼回復対策会議などの調査によると、平塚工場にはチョコレートを回収するシステムはなく、イラストで描かれた牛乳混入のプラントも実在しなかった。

 同会議がTBSの担当者に説明を求めたところ、牛乳の混入は事実ではなく

イラストも「視聴者に分かりやすくするため」と釈明したという。

 同会議は、こうした経緯について、30日に公表する一連の不二家問題の調査報告書に盛り込む予定。

 不二家広報室は「私どもも洋菓子について不備があり、すべてに胸を張って言えるわけではないが、明らかに事実と異なる部分は修正をお願いしたいとTBSと話し合っている」としている。

(2007年3月28日12時19分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070328-OHT1T00146.htm


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070328-00000306-yom-soci
(こちらは読売新聞)

不二家がんばれっ!

今まで何回か書いてきたけど、こういうマスコミのいい加減な報道姿勢には
本当に懲りる痛みを伴うペナルティを与えないとだめでしょう。

放送免許取消しはさすがにそう簡単にはできんでしょうが、日時を決めて「1時間番組休止」とかいう形でのペナルティで責任をきちんと明確にしてもらいたいもんです。

言論や報道の自由とかそういう問題とすりかえないで欲しいっすね。
言論の、そして報道に携わるものが当然に追うべき責任という話ですよ
youtubeに問題の放送分の動画がありましたが、TBSも必死で
削除依頼出してるんでしょうね〜

http://www.youtube.com/watch?v=iNDU1NIUfL0

それにしても
「誰の指示でやっていたのか?工場単位(現場)でやってたのか
本社の指示でやっていたのか?」
「上場企業ですから上場責任は大変ですよ!」

と偉そうにのたまってる言葉が、そっくりそのままブーメランのように
TBS自身に突き刺さってるのが中々笑えます。

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > マスコミ・電通批評5掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。