★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評5 > 251.html
 ★阿修羅♪
【新報道プレミアA】話題の新番組は何につまずいたのか? [ゲンダイ]
http://www.asyura2.com/07/hihyo5/msg/251.html
投稿者 white 日時 2007 年 4 月 07 日 17:03:37: QYBiAyr6jr5Ac
 

□【新報道プレミアA】話題の新番組は何につまずいたのか? [ゲンダイ]

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070407-00000003-gen-ent

話題の新番組は何につまずいたのか?
4月7日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 あの日、フジテレビの報道フロアはお通夜の雰囲気だったのではないか。今月1日、4月改編のトップバッターとして鳴り物入りでスタートした新番組「新報道プレミアA」の視聴率が8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、惨憺たるものだったのである。
「『新報道』は『EZ!TV』『スタ☆メン』に続いて始まった日曜夜の情報番組です。新番組は“顔”として“フジのニュースの女帝”安藤優子と、『ニュースJAPAN』のキャスターとしてオジサンに大人気の滝川クリステル、さらにコメンテーターにジャーナリストの桜井よしこを持ってきました。3人が顔を揃えることで、新番組は早くから話題になり、視聴率15%以上を記録するのは確実とみられていました」(放送ライター)
 ところが、フタを開けてみると視聴率は10%にも届かなかった。理由としてまず考えられるのは、企画がイマイチだったこと。“硬派”な安藤が独自ネタにこだわったのか、しょっぱなが〈スクープ!拉致新証言 北にいる生存者の影〉で、日曜夜のニュースとしてはこだわりが強すぎた。
 番組の中心を占拠していた安藤の責任論も浮上している。準備期間中、安藤は滝川に対抗心を燃やして「恋愛やスキャンダルには気を付けて」「衣装が派手すぎる」などとプレッシャーをかけていたという。それが新番組でモロに出てしまったというのだ。
 構成作家の山田美保子氏が言う。
「滝川さんは2人の先輩に気を使い過ぎて委縮しているように見えました。彼女の持ち味である冷静さと新鮮さが失われていましたね。また、安藤さんは肩に力が入りすぎて、空回りしている印象でした。平日ならまだしも、リラックスできる日曜の夜に、前のめりの安藤さんを見たい視聴者がどれだけいますか……」
 次回放送は都知事選挙の投開票日。新番組にとってはチャンスだ。一気に浮上となるか……?

最終更新:4月7日10時0分

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > マスコミ・電通批評5掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。