★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評5 > 280.html
 ★阿修羅♪
クリエイティブ・クラスの世紀 [池田信夫 blog]
http://www.asyura2.com/07/hihyo5/msg/280.html
投稿者 white 日時 2007 年 4 月 11 日 17:09:55: QYBiAyr6jr5Ac
 

http://images-jp.amazon.com/images/P/447800076X.09.MZZZZZZZ.jpg


□クリエイティブ・クラスの世紀 [池田信夫 blog]

 http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/e28f63cbadaa53abfd83b8768c58d113

クリエイティブ・クラスの世紀
2007-04-11 / Books
左の画像には、リンクを張ってない。こんな本を読むのは、金と時間の無駄だからだ。原著の発売と同時に日本でも訳本が発売され、アマゾンでもキャンペーンが張られ、『ハーバード・ビジネス・レビュー』でも特集している。ダイヤモンド社を挙げて売り込もうとしているのだろう。経営学も、ハリー・ポッター並みになったということか。

中身のないバズワードが定期的に売り出されるのはビジネス本の常だが、この「クリエイティブ・クラス」というのは特に出来が悪い。何も新味がないからだ。クリエイティブな企業の代表としてあげられているのは、もちろんグーグルだ(他にあるだろうか)。ところがトヨタもクリエイティブだということになっているので、概念はさらに曖昧になる。結果としては、優良企業はみんなクリエイティブだという話に近い。

私の印象では、問題は本書のいうようにクリエイティブな人材が足りないことではなく、クリエイティブな労働に正当な対価が支払われないことだ。その一方で、陳腐な作品がマーケティングによってベストセラーになる傾向が最近とくに強い。皮肉なことに、本書が早くもアマゾンのベストセラーに入っている事実が、そういう傾向を示している。

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > マスコミ・電通批評5掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。