★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評5 > 400.html
 ★阿修羅♪
【鹿砦社出版ニュース5月8日号】「言論無罪」の旗を掲げ、《闘う出版社》としてあり続けたい
http://www.asyura2.com/07/hihyo5/msg/400.html
投稿者 passenger 日時 2007 年 5 月 07 日 23:40:14: eZ/Nw96TErl1Y
 


鹿砦社出版ニュース
2007年5月8日号
(http://www.rokusaisha.com/)

タブーなきラジカル・スキャンダルマガジン
  月刊『紙の爆弾』2007年6月号


5月7日発売!!
苦難のなか2周年!! 更に進化!!
A5判128ページ 定価500円(本体476円十税)
---------------------------------------------
【特集】吉本「マル暴」スキャンダル発覚で
    明かされた「真実」

●芸能界を禰るがす吉本興業
 “マル暴スキャンダル"の根本的原因
○トラブル続出に揺れる吉本興業が露わにした
  芸能界・テレビ界のダメっぷり
●吉本興業だけじゃない! 後継者問題にぶち当たる
  大手芸能プロダクションの憂鬱
----------------------------------------------
★紙爆インタビュー「憲法21条が危ない!」
     第2回 ジャーナリスト 岩瀬達哉
----------------------------------------------
●日産を食い散らかした「ゴーン革命」
  バケの皮の下の無惨な“中身”
○プロレス。出版業界、そして暴力団
  『週刊ゴング』廃刊の経緯とタブー
●アダルト系で名を成した『英知出版』
  「ついに倒産」の真相を探る!
○「パチンコ」ハンドル固定遊技で客が逮捕?
  警視庁が焦る不可思議な射幸性基準
------------------------------------------
★パチスロ狂乱回顧録2001-2006(8)
   好きな台に遺言残して首吊る者までいた!
   パチスロ4号機の裏で蠢いていた狂店と狂人のお話
------------------------------------------
●警備業界の劣悪な労働環境、顧客へのピンハネ……
  ずさんな経営体質を告発!
○中大生協闘争での14人不当逮捕にみる
  弱者圧殺の潮流
●ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン!
  パンクロックが英国王政を揺るがした語られざる理由
○怒りの愚論(鹿砦社代表 松岡利康)
●国際主義なき“独善型官僚国家”に未来はあるのか?
  「21世紀・アジアの中の日本」を創る民の知恵ある交信
-----------------------------------------------------
★マッド・アマノ「風刺画報」
☆芸能裁判を読む 13
★美しい国ニッポンに住む人々
☆村田らむのテケテケ見聞録
★ベラミ伝脱 7
☆ニッポン主義者同盟〔遊郭派〕
★月刊 高須新聞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「鹿砦社」の由来
 〜 命名者・中村丈夫氏の死去に際して 〜
           鹿砦社代表 松岡利康

 このところ、身近で亡くなる方が続いている――もっとも私自身が初老の域に入っているから、先輩・先達の方々が先に逝っても不思議でもないのかもしれない。生前もういちど再会したいと願っていた、私たちが学生の頃、学友会(全学自治会)の専従職員だったTさんが、私の勾留中に亡くなられたことを聞いたのは、私が獄から解放されてからのことだった。

 さて、4月3日、草創期の鹿砦社を支えていただいた老マルクス経済学者の中村丈夫氏が亡くなられた。享年87歳だったという。なにを隠そう「鹿砦社」という社名は、中村氏の命名である。

 中村氏は、1919年(大正8年)生まれ。1940年(昭和15年)東京大学経済学部入学。その後、いわゆる学徒動員で戦地に赴き終戦。戦前の大学時代からのマルクス主義者で、その実践活動とともにアントニオ・グラムシ研究、左翼軍事学の模索としてのクラウゼヴィッツ研究などに専念した。それは、鹿砦社が最初に世に送り出した書籍『マルクス主義軍事論』、同『現代編』に結実している。

 ところで「鹿砦社」である。評論家の呉智英氏はかつて、次のように「鹿砦社」の盲葉の意味について書いている。――
「鹿砦にいたっては、マルクス主義者でさえ読まないマルクス軍事論集、すなわち大月版全集第十四巻を開いた人でなければ、若い人でなくてもわからないだろう。これは、主に山岳のゲリラ戦に使う木の枝を組んだバリケードのことである。鹿垣(ししがき)の変形だからとも木の枝が鹿の角に似ているからだとも言われる」(鈴木邦男著『闘う日本語・復刻新版』解脱より)

 遠い私の記憶によれば、中村氏が使ったのは「改造社版」だったと私に語ったように思うが、それはそれとして、なぜ中村氏は「鹿砦社」という社名を付けたのか、「鹿砦」にこだわったのには何か理由があるのか?――それを聞き質すことはもうできない。

 激動の時代、1969年、鹿砦社は創業した。名は体を表わすといわれるが、爾来38年、鹿砦社は、その名の通り、出版界にあって「砦」を築きゲリラ戦を続けている。幾多の困難(最大の困離は2005年7月の言論弾圧だったことはいうまでもない)を乗り越え、あと2年で創業40年を迎えようとしている。「鹿砦社」という社名には、なにか運命的なものがあるように思えてならない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「言論無罪」の旗を掲げ、《闘う出版社》としてあり続けたい
(5.3 大阪・中之島の改憲阻止集会にて)

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > マスコミ・電通批評5掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。