★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評5 > 407.html
 ★阿修羅♪
ロック雑誌『ローリングストーン日本版』が面白い [アメーバニュース]
http://www.asyura2.com/07/hihyo5/msg/407.html
投稿者 white 日時 2007 年 5 月 09 日 16:08:18: QYBiAyr6jr5Ac
 

□ロック雑誌『ローリングストーン日本版』が面白い [アメーバニュース]

 http://news.ameba.jp/2007/05/4561.php

ロック雑誌『ローリングストーン日本版』が面白い

5月09日 09時01分
引用(3) コメント(8) コメントする

 1967年にサンフランシスコで創刊されたアメリカのロック雑誌『ローリングストーン』。創刊以来、ロックやサブカルチャーの動向を伝え、高い影響力を持ってきた。その日本版が3月10日に創刊された。

 日本版のキャッチコピーは「音楽、ファッション、カルチャー、ジャーナリズム。読むこと自体がカッコいい!20代からのエモーショナルマガジン」。これだけでかなりロックだ。音楽だけでなく、ファッション、カルチャー、ジャーナリズムまで扱っているのがポイント。ある意味、ヘアヌード雑誌、ビジネス誌になる前の「宝島」を彷彿とさせる。

 創刊1号、2号ともに、表紙はNIRVANA。これまたセンスがロックである。特集は「WILD&LOVEで行こう!山、海、街なTシャツ&デニム」、「ローリングストーンバンプ!!!なラスヴェガス旅行ガイド」、「誰も知らない新宿の闇をルポ!百人町アンダーグラウンド」、「人気&実力絶好調な旬のHIP-HOP大全2007」、「一番イケてるモノ&コト最新HOTリスト」と続き、特別付録として「ヒステリックグラマーとのコラボステッカー」、「ローリング・ストーンズ伝説の表紙ポスター」が付いてくる。これだけでも十分充実だが、ダメ押しで「カート・コバーンBOOK」が付いてくる。いちいちロックしていて感心する限りである。

 紹介されているCDやファッションもいちいちロックなニオイとコダワリが感じられる。

 宝島社のストリート雑誌『Smart』の人気コーナー「ちんかめ」ほどはエロくないが、セクシーなグラビア特集も掲載されているのもポイントだ。創刊2号ではYUUKI君のセミヌードが掲載されていた。

 5月10日には創刊第3号が発売。ちなみに、今なら定期購読を申し込めばロックな特製Tシャツがついてくる。ロック好きで、一味違う雑誌を求めている20代、30代にはまさにジャストフィットな雑誌と言えるだろう。ぜひ、チェックだ!

■関連リンク
・ローリングストーン日本版
 http://www.rollingstonejapan.com/

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > マスコミ・電通批評5掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。