★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評5 > 476.html
 ★阿修羅♪
日経新聞のヘンなコラム 「立てこもり」と「引きこもり」同じ!? [J-CASTニュース]
http://www.asyura2.com/07/hihyo5/msg/476.html
投稿者 white 日時 2007 年 5 月 21 日 20:50:53: QYBiAyr6jr5Ac
 

□日経新聞のヘンなコラム 「立てこもり」と「引きこもり」同じ!? [J-CASTニュース]

 http://news.livedoor.com/article/detail/3170298/

日経新聞のヘンなコラム 「立てこもり」と「引きこもり」同じ!?
2007年05月21日20時30分

日経新聞の1面に掲載されているコラム「春秋」が、「無茶苦茶だ!」とネット上で叩かれている。愛知県長久手町の立てこもり事件を題材にしているのだが、子どもの「隠れん坊」と事件の「立てこもり」、若者の「引きこもり」をごちゃまぜに論じているのだ。

「立てこもる」のは「捕まる」ことが目的、だそうだ

2007年5月20日付けの問題のコラムは、子供の「隠れん坊」の説明から始まっていて、押入れに隠れ、鬼に見つかる瞬間が「無上の快感」だと書いている。そしてこう続けている。

「『立てこもる』という行為とは、つまるところ『捕まる』ことが目的ではないか。隠れ方がうますぎる子供は孤独感を味わう(中略)ボクを発見して…」
次に、いきなり長久手町の籠城事件の容疑者(50)の話になる。元妻に復縁を断られたこと、FM局に電話したことから、

「勝手に孤独の淵に落ちた揚げ句に、自らの存在を劇的に主張したかったに違いない。そんな驚くほどの幼児性に巻き込まれ、尊い命が犠牲となった」
と分析している。
もともと「立てこもる」という意味は周りを閉ざしたなかに、こもるということで、「敵に対抗する」というニュアンスを含んでいる。隠れる、という言葉は「人目につかないようにする」わけで、攻撃性は感じられない。だから、「隠れん坊」と「立てこもり」を同一の土俵で論じるには無理がある。
最後に、

「立てこもり事件が増えているのは気のせいではあるまい。4月には東京町田の都営住宅で、男が大騒ぎして拳銃自殺を図った。家庭内で暴れた末に、自室やネット空間から出てこない若者が多いとも聞く。逃げるのではなく、立てこもる。その孤独で甘えた心理の底に人と人の繋(つな)がりが薄れた寒々しい世相が映る」
と結んでいる。こちらは、どちらかというと若者の「引きこもり」で、攻撃性がある「立てこもり」と決めつけるのは難しいのではないか。
「2ちゃんねる」にはこのコラムを巡って2,000近くの意見がカキコまれ、「祭り」が始まっている。その殆どが、コラムの内容が「無茶苦茶だ!」というものだ。

「なんというこじつけ…」
「オタクが引きこもるのとヤクザが立てこもるのは動機が違う話だろw」
「事件にかこつけて文学っぽい文章書きたい気持ち(前半)と、記者だから世相と結び付けなきゃいけない気持ち(後半)が、ごたまぜになって無茶苦茶なことになってる」
「そもそも最初のかくれんぼの話から間違ってるし、隠れ方がうまいのをなんで最悪まで強引に持っていくんだよw」
「パソコンなんか使えなさそうなオッサンが起こした事件をネタに若者叩きかよ。まるでギャグだな」

日経の記者なんだから、調べればわかることだろ?

さらに、文章にある「事件が増えているのは気のせいではあるまい」「自室やネット空間から出てこない若者が多いとも聞く」については、

「日経の記者なんだから、調べればわかることだろ?」
などという批判もある。
このコラムについて、日経新聞にクレームは来ていないのか。J-CASTニュースが問い合わせると、同社の経営企画室広報グループは、

「これまで読者からのクレームは来ていません。ネット上で議論があることは知っていますが、特にうちとしてはコメントすることはありません」
と話すだけだった。


▽関連記事

□春秋(5/20) [日本経済新聞]

 http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20070519AS1K1900319052007.html

春秋(5/20)
 押し入れの中で息を殺す。近づく足音に耳を澄ます。自分の心臓の鼓動が聞こえる。ガラッと襖(ふすま)戸が開かれ、押し寄せる日の光に目が眩(くら)む。「隠れん坊」で遊ぶ子供にとって、それは勝負の最高潮でもあり、無上の快感の瞬間でもある。

▼「立てこもる」という行為とは、つまるところ「捕まる」ことが目的ではないか。隠れ方がうますぎる子供は孤独感を味わう。何事もなかったように押し入れの襖が再び閉められた後の暗闇の寂しさ。日が暮れて1人だけ置き去られでもすれば最悪だ。ボクはここにいる。ボクを忘れないで。ボクを発見して……。

▼愛知県長久手町の籠城(ろうじょう)事件の容疑者は、元妻に復縁を迫り、何度も断られた末に犯行に及んだ。現場からFM局に「話を聞いてほしい」と電話を入れていたという。勝手に孤独の淵(ふち)に落ちた揚げ句に、自らの存在を劇的に主張したかったに違いない。そんな驚くほどの幼児性に巻き込まれ、尊い命が犠牲となった。

▼立てこもり事件が増えているのは気のせいではあるまい。4月には東京町田の都営住宅で、男が大騒ぎして拳銃自殺を図った。家庭内で暴れた末に、自室やネット空間から出てこない若者が多いとも聞く。逃げるのではなく、立てこもる。その孤独で甘えた心理の底に人と人の繋(つな)がりが薄れた寒々しい世相が映る。

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > マスコミ・電通批評5掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。