★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評5 > 572.html
 ★阿修羅♪
読売新聞の記事 [現役雑誌記者によるブログ日記!by オフイス・マツナガ]
http://www.asyura2.com/07/hihyo5/msg/572.html
投稿者 white 日時 2007 年 6 月 07 日 16:06:34: QYBiAyr6jr5Ac
 

(回答先: 読売新聞 2007年6月6日(33面) [現役雑誌記者によるブログ日記!by オフイス・マツナガ] 投稿者 white 日時 2007 年 6 月 06 日 16:14:38)

□読売新聞の記事 [現役雑誌記者によるブログ日記!by オフイス・マツナガ]

 http://officematsunaga.livedoor.biz/archives/50387436.html

2007年06月06日
【サーベラス関連】
読売新聞の記事
 読売新聞の記事ですが、例の33面の2段記事です。

http://officematsunaga.livedoor.biz/yomiuriitokawa.jpg

 松永いわく、「間違いがひとつあるので、指摘したい」ということです。

 本文記事中

「毎日新聞社はICレコーダーの所在について、2月の記者会見で「メディア関係者(ジャーナリスト)が廃棄したと(画家から)聞かされた」と説明していたが、最終的には廃棄を確認できていない。」

 とありますが、松永は廃棄しておりません。山本集氏に返却しています。
 また、「ダウンロードしようとしたが、ソニー製のICレコーダーで、専用のソフトや、専用のUSBケーブルがいるため、ダウンロードできなかった」
 ただし、すべてを聞いた人間として、
「今回、ネットで掲載されているものは、その時、聞いた物と同じとおもう」
 ということです。

 さらに、
「最初に聞いたときにおもったけれど、糸川議員と大平記者は親しいと言うよりは、いわば、この問題では同志的な関係にあったとおもう。いや、これがいい悪いという形式論でなくて、時に記者と政治家はこういう関係をもつこともある。それは、個人の利益のためでなくて、お国ためと、おもう時だろう。
 オレも若干の経験がある。これは、いい悪いという次元の話でないとおもう。
 そのうえで、ここまでの同志関係、信頼関係がある上での取材テープである。それは、十分に歴史的な検証に値する一次資料であると考える。
 しかし、その後、糸川議員は、この取材メモの内容を、大幅に変更、訂正しているし、自らの被害者となった脅迫事件の供述でも変更、訂正している。
 さまざまな事情があったと推察できるが、これは現職国会議員への脅迫行為として、その歴史的な事実として、再検証にあたいするとおもう。さらに、これは司法関係者にとっても重大な警笛となるとおもう。
 糸川議員脅迫事件そのものが再検証されないといけないし、そうしないと、日本の司法関係者に重大な禍根をのこすとおもうのでした」

 以上、松永他加志の談話でした。

以上

聞き書き:その他

 
 

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > マスコミ・電通批評5掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。