★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評5 > 573.html
 ★阿修羅♪
新聞は死滅するのか [JANJAN]
http://www.asyura2.com/07/hihyo5/msg/573.html
投稿者 white 日時 2007 年 6 月 07 日 16:13:20: QYBiAyr6jr5Ac
 

□新聞は死滅するのか [JANJAN]

 http://www.janjan.jp/media/0706/0706066819/1.php

新聞は死滅するのか 2007/06/07

 『新聞社―破綻したビジネスモデル』(新潮社)の著者、河内孝氏が6日、日本外国特派員協会で記者会見した。

 河内氏は毎日新聞で外信部長、編集局次長、「営業・総合メディア」担当の常務取締役など要職を歴任し、昨年退社。

 河内氏は自著に沿って話を進めた。著書はざっとこんな内容だ―

 「再販制度」と「特殊指定」で守られてきた日本の新聞業界は、インターネットの普及などにより経営環境が今、足元から揺らぎつつある。新聞社の収入のほぼ半分を支えている広告料は、発行部数に応じて決まっていた。その発行部数を支えるのが「世界に冠たる戸別配達網」だ。新聞社の総売り上げの40〜50%を販売経費で占めるのはこのためだ。

 ところが悪名高き「押紙」(河内氏の表現では「残紙」)が示すように発行部数と実売数には大きな乖離がある。インターネットの普及などで新聞離れが進み、乖離はますます大きくなっている。にもかかわらず発行部数に応じて料金を決められたのでは、広告主は大損だ。当然、広告代理店は大幅に値切ってくる。新聞社の広告料収入は著しく減収している。

 もし消費税が8%に上がり、それを吸収できなければ新聞社の収益はさらに減少する。販売店網の維持は耐え難いほどの重荷となってくるが、販売店なしで販売部数の確保はできるか。さらに、公取委による「特殊指定」の解除もありうる。現在のままのビジネスモデルだと、新聞は「朝日」「読売」「日経」を残して死滅する。

 河内氏は生存のための第3極として「毎日」「産経」「中日」によるアライアンスを提唱した。


 続いて記者との質疑応答に移った。

Q:団塊世代のリタイアは「日経新聞」にも厳しいのではないか?

A:日本の新聞の最上の読者は65歳以上の人。ところがこの人たちは新聞を図書館で読む。若い人は新聞が家に置いてあっても読まない。携帯電話で2万円、NHKの受信料を払うと、新聞購読にお金を回せなくなる。団塊世代のリタイアは「日経」のみならず、他の新聞にとってもダメージ。

Q:日本の大新聞はイベントなどのサイドビジネスや資産(土地、株など)を持ちすぎているのではないか?

A:ジャイアンツが20%を超える視聴率をとっていた時は良かったけれど、もうそうではない。サイドビジネスや資産などを削りとって江戸時代の瓦版に戻り、社長が銀座でニュース・リーフレットを売れば、日本の新聞は蘇る。

Q:記者がクラブ漬けになって劣化しているのでは、仮にビジネスモデルが改善されても、売れる媒体はできないのでは?
 
A:日本は同じ記者会見に新聞各社の記者が15人も出ている。アメリカの場合は、(たいがいの)記者会見は通信社の記者だけ。新聞記者はユニークな取材をする。日本も経営スタイルが変われば記者たちがユニークな取材をするようになる。

 日本の大新聞社の経営陣に聞かせたい話だったが、大メディアの記者は果たして出席していたのか、わからずじまいだった。河内氏は「日本記者クラブ」には招かれなかったという。


(田中龍作)


▽関連記事

【書籍紹介】新聞の時代錯誤 [池田信夫 blog]
http://www.asyura2.com/07/hihyo5/msg/525.html
投稿者 white 日時 2007 年 6 月 02 日 10:42:55: QYBiAyr6jr5Ac

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > マスコミ・電通批評5掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。