★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評5 > 619.html
 ★阿修羅♪
「報道陣の劣化」を食い止めるために「へそ曲がり記者」を増やせ [JANJAN]
http://www.asyura2.com/07/hihyo5/msg/619.html
投稿者 white 日時 2007 年 6 月 14 日 13:31:46: QYBiAyr6jr5Ac
 

□「報道陣の劣化」を食い止めるために「へそ曲がり記者」を増やせ [JANJAN]

 http://www.janjan.jp/media/0706/0706137213/1.php

「世相解剖」(4)「報道陣の劣化」を食い止めるために「へそ曲がり記者」を増やせ 2007/06/14

『毎日』名物記者の指摘

 『毎日新聞』夕刊の週一コラム「牧太郎の 大きな声では言えないが」(6月12日付)が、「報道陣の劣化」を指摘した。
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/maki200604/

【「消えた年金」。これは新聞、テレビが謝るべき重大な事柄ではないのか】と問いかけた上、【確かに熱心な記者が年金をフォローしていたことは事実だが、結果として「消えた年金」の実態を暴くことができなかった。もっと早くからキャンペーン報道を繰り返していれば、国民の被害はもっと少なくて済んだハズだ。報道陣は謝るべきだ】

【現場に突入しようとしない「マスコミの怠慢」は劣化の一因である。批判されるのは、我々報道陣ではないか】と、【自戒を込めて】書いている。

「報道陣」の劣化か、「報道人」の劣化かはともかく、
【昨今の報道陣はすこぶる素直だ。へそ曲がりがいない。疑うことを知らない。権力は常にウソをつく。権力は常に堕落する。それが歴史の真実なのだが……】という指摘には同感だ。

「よど号逮捕状」報道への違和感

 23日の国会の会期末を前にして、全国紙には「7月参院選」に向けた政治パブ記事が目立つ。

【政府は北朝鮮向けラジオの事業関連費に1億3400万円を計上】(『産経』12日付)。こんなパブ記事が報道されるのも「報道陣の劣化」の表れではないだろうか。

 レイムダック状態の安倍内閣が、唯一の得意技である「拉致問題」に注目を集めるために「対北ラジオ」に予算をつけ、自民党・比例代表からから出馬する中山恭子首相補佐官(拉致担当)の援護射撃をしようとしているのがミエミエ。だが『産経』はスンナリ1面トップの客観報道記事に仕立て上げる。

 それ以上に疑問なのは、13日付の朝刊各紙が一斉に取り上げた「『よど号』妻に逮捕状」だろう。拉致事件に絡み、北朝鮮に住む2人に対して「結婚目的誘拐容疑」の逮捕状をとり国際手配するというのだが、すでに2人とも「旅券法違反容疑」で国際手配されているお尋ね者だ。2人が北朝鮮を出国しない限り実効性がない「国際手配」だが、各紙とも「新鮮で重要なニュース記事」に仕立て上げている。

 この報道のポイントは、警視庁公安部がなぜこの時期に逮捕状請求をしたのか。それを掘り下げることではないのか。それこそが、読者が一番知りたいことではないのか。

 「消えた年金」「松岡自殺」で、政権存亡の危機に陥っている安倍内閣が「拉致」に活路を見出そうとしているのは自明の理。年金への不満から有権者の目をそらさせ、自分の土俵に乗せようとする魂胆がミエミエだが、どの全国紙もそうした疑問に答えない。

「劣化した報道人」はいらない

 「魂胆がミエミエ」だから書かないのだろうか。そうではあるまい。

 「わかっちゃいるけど、政府や役所のやることに文句をつけない方が賢明だ」という意識に凝り固まっているのだろうか。

 「劣化した報道陣」には、政府や政党、権力機構の思惑をえぐり出すという姿勢がまったく欠落している。「へそ曲がり」な記者ならば、すぐさま裏事情を調べて書くだろう。だが「疑うことを知らない」報道人は、逮捕状請求という事実の報道だけでオシマイ。

 「へそ曲がり記者」を増やさない限り「国民の知る権利に答える」なんて大言壮語を吐いていられなくなる。

(松尾信之)


▽関連記事

□報道陣の劣化 [牧太郎の大きな声では言えないが…/毎日新聞]

 http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/maki200604/

牧太郎の大きな声では言えないが…

報道陣の劣化
 自戒を込めて書く。昨今「報道陣」という人種はすぐ謝ってみせるけれど、肝心な事柄では“知らん顔の半兵衛”である。反省すべきを反省しない。
 例えば、社員が痴漢で逮捕される。マスコミ各社はすぐさま謝罪会見をして、頭を下げる。謝っても良いけれど、それほどのことでもあるまい。社員が何千人もいれば変質者の1人や2人は交じるものだ。(職員1万1000人のNHKはこの半年で、わいせつ事件が6件。いささか異常ではあるが)痴漢行為は基本的には個人的な犯罪。経営者が仰々しく謝らなくても良い範ちゅうだ。
 それに引き換え、5000万件にも上る「消えた年金」。これは新聞、テレビが謝るべき重大な事柄ではないのか。時効で泣き寝入りした年金は約950億円。国が国民との間で結んだ契約を平気で破る。著しい「国家の劣化」である。
 国と国民の契約が公平に履行されているか? これを監視するのが報道陣の使命である(と僕は信じている)。確かに熱心な記者が年金をフォローしていたことは事実だが、結果として「消えた年金」の実態を暴くことができなかった。もっと早くからキャンペーン報道を繰り返していれば、国民の被害はもっと少なくて済んだハズだ。報道陣は謝るべきだ。
 本当に我々報道陣は「消えた年金」を知らなかったのか。薄々、知っていながらキャンペーン報道を怠ったのか。いずれにしても「報道の劣化」である。読者、視聴者の「知る権利」を確保することでメシを食っているのだから、これは「契約違反」である。
 何故、我々は劣化したのか。「現場」に居ないからである。権力が次から次へと発表する事柄を伝えるのに手いっぱい。行政の「現場」に足を運ぶ余裕がない。権力は過剰なサービスをすることで、報道陣の目を曇らせ、牙を抜く。
 加えて、昨今の報道陣はすこぶる素直だ。へそ曲がりがいない。疑うことを知らない。権力は常にウソをつく。権力は常に堕落する。それが歴史の真実なのだが……民間活力の○○内閣に限っては、市民の味方××党に限っては、労働者の味方△△組合に限っては……と安易に取材対象を信じてしまう。
 国家の劣化は複合的な汚染で生まれる。現場に突入しようとしない「マスコミの怠慢」は劣化の一因である。批判されるのは、我々報道陣ではないか。(専門編集委員)
毎日新聞 2007年6月12日 東京夕刊

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > マスコミ・電通批評5掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。