★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評6 > 142.html
 ★阿修羅♪
確信的に偏向報道になってると考えるのが自然で、メディアの良識低下が根本ではない。
http://www.asyura2.com/07/hihyo6/msg/142.html
投稿者 Takeru 日時 2007 年 7 月 09 日 11:37:15: Tpb/svjJh8eR6
 

(回答先: 萎縮してしまった日本のメディアはもっと元気を出せ 投稿者 フランクリン 日時 2007 年 7 月 08 日 15:04:46)

つい先日の産経、古森記者の「米占領軍慰安所設置の米軍命令」の捏造報道でもわかるとおり、右翼勢力の暗躍などの背景のもと、権力にかしずいた広報機関になり自己保身を計っていると考えるのが自然です。
米国のメディア批評の専門家だったと思いますが、米国のマスメディアの911テロ以降の米メディアの政府のプロパガンダ報道姿勢を批判する論説がありました。

「現代のマスメディが権力に隷属するのは、構造的な問題である。その昔と違って、今のマスメディアは一般の大企業と同じであり、メディア機関の企業合併などもさらにそれに拍車をかけている。しかも、近年は不動産からレジャーまで多角経営に手を伸ばすという営利最優先主義の状況においては、権力に逆らうことは経済的圧力を受けることを意味する。従って権力や右翼的な脅し勢力にいとも簡単に屈するようになってしまった。」という趣旨ものです。

昨今の報道は、経済を牛耳る支配者層に当たり障り無いところでは、国民のガス抜きをし、当たり障りがあることは支配層の意向に沿うという確信犯的な報道姿勢です。
つまり彼等の究極の選択は、経済的自己保身のため強者に従うということです。
構造的な観点からすれば大手メディアほど、政治の世界と同様自浄能力はないと言えます。従って、メディアの良識に訴えて解決する問題ではない。根本的にはこの不健全な企業構造を考え直すしかないのです。

我々国民として出来ることは、この「歪んだ報道の波」を嘆くのではなく、真に受けずに常に厳しく監視・暴露・糾弾していくことが、メディアの暴走を食い止める力なると思います。また、国内メディアが取り上げたくない事実を、諸外国の報道などを全訳して広く紹介する方法を考えるのも、偏向報道に対する批判眼を広めるのに大変有効と思います。

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > マスコミ・電通批評6掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。