★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評6 > 164.html
 ★阿修羅♪
『アメトーーク!』が業界内視聴率王のワケ [サイゾー]
http://www.asyura2.com/07/hihyo6/msg/164.html
投稿者 white 日時 2007 年 7 月 14 日 20:33:36: QYBiAyr6jr5Ac
 

□『アメトーーク!』が業界内視聴率王のワケ [サイゾー]

 http://news.livedoor.com/article/detail/3232882/

『アメトーーク!』が業界内視聴率王のワケ
2007年07月14日00時01分

 今、『アメトーーク!』(テレ朝)のテレビ業界内での視聴率が異常に高いという。「業界内視聴率が高い」というのは、別番組の会議などでよく「○○のあのコーナーみたいな感じで」などといったふうに話題にのぼること。複数のバラエティ番組で構成を務める放送作家のA氏いわく、「フジのゴールデン番組を担当するプロデューサーも参考にしている」そうで、また、駆け出しの放送作家B氏は、「ディレクターから『アメトーーク!』みたいにやって、と言われることもあるけど、逆に、僕らの出した企画が、これ『アメトーーク!』っぽいからダメ、なんて理由でボツにされることもありますよ(苦笑)」と話す。そこまで業界内で注目を集める理由はなんなのか?
 かねてより業界内視聴率が非常に高いことで有名な番組に『やりすぎコージー』(テレ東)があるが、このふたつの番組は、知名度の低い芸人でも積極的に起用し、マニアックな題材について芸人に熱く語らせたり、ともすれば芸人同士の内輪ウケとも見えるユルい企画も行うという共通点がある。テレビ東京に出入りの多い某番組制作会社のC氏は、「そもそも『やりすぎ』は、吉本の『おもしろいけど、まだ売れていない人』をどんどん出していこうという試みで始まったもの」と言い、さらに、そこに出演している芸人を他局のプロデューサーなどが見て、別番組でも起用→芸人ブレイクという流れができているのだという。たとえば、なだぎ武と友近の「ディランとキャサリン」やネイチャージモン。そしてほっしゃん。も「鼻からうどん」ネタで『やりすぎ』に登場した後、別の番組でも取り上げられるようになった。一方の『アメトーーク!』も、レギュラー番組も持たず、関東での知名度はほとんどなかったケンドーコバヤシやとろサーモンを出演させ、彼らのブレイクの端緒となっている。こういった若手の発掘のために、他番組のスタッフもこぞってこれらの番組をチェックしているのだろうか?
 だが、肝心の視聴率はというと、深夜帯にしては平均10%前後を保ち安定しているといえるが、裏番組の『viva!viva!V6』(フジ)を上回ることは少ない。マニアックな内容が多いゆえ、決して万人ウケする番組ではないことは確かだ。にもかかわらず、業界内での注目度が高い理由を、某キー局局員はこう分析する。
「『アメトーーク!』や『やりすぎ』は、番組全体がコント化しているんですよ。古くは、『ガキの使いやあらへんで』(日テレ)の「チキチキ」シリーズや『めちゃイケ』もそう。あれは台本がきっちりあって、そのうえで収録をしているんです。スタジオバラエティの形をとっていても、綿密な台本が用意されており、それを実力派の若手芸人がアドリブもまじえて演じきることでおもしろくなっている」
 つまり、かつてのドリフのような、いわゆるネタ見せ番組が減少した代わりに、「トークバラエティ風に仕立てたコント番組」がウケている、というのである。
「トーク番組という名を借りた、1時間のシチュエーションコント、というのが我々業界関係者の認識ですね。これは制作スタッフの見事な構成力がないと、なかなかできるものではない。
そういった意味で業界内では、シットコム(=シチュエーション・コメディ)のひとつの新しい形を導き出したこれらの番組に、注目しているんだと思いますよ。何より、見ていておもしろいですしね(笑)」(同前)
 また、『アメトーーク!』の演出を手掛ける、テレビ朝日編成制作局制作1部所属のプロデューサー・加地倫三氏は、『ナイナイナ』や『ロンドンハーツ』を手掛け、「バラエティーの弱いテレ朝で、唯一笑いを理解している男」と称される人物でもあるという。
 目の肥えた業界人も絶賛し注目する2番組には、これからもクオリティの高い制作を期待したい。(編集部)

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > マスコミ・電通批評6掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。