★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評6 > 276.html
 ★阿修羅♪
「境界性人格障害」患者ら番組に抗議 日本テレビが謝罪 [東京新聞]
http://www.asyura2.com/07/hihyo6/msg/276.html
投稿者 white 日時 2007 年 8 月 08 日 18:59:29: QYBiAyr6jr5Ac
 

(回答先: 抗議受けた日テレ、謝罪へ 人格障害に「誤解与えた」(共同通信) 投稿者 熊野孤道 日時 2007 年 8 月 08 日 14:11:48)

□「境界性人格障害」患者ら番組に抗議 日本テレビが謝罪 [東京新聞]

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2007080802039580.html

「境界性人格障害」患者ら番組に抗議 日本テレビが謝罪
2007年8月8日 夕刊
 日本テレビのバラエティー系番組「ザ!世界仰天ニュース」で今月一日、境界性人格障害と診断された豪州の女性が殺人を犯す内容を放送したところ、患者や家族らから「みな殺人を犯すと誤解されかねない」などと同局に抗議などが寄せられ、番組ホームページ(HP)上で謝罪していたことが八日分かった。
 当日の番組テーマは「女の凶悪事件スペシャル」で、同障害の女性が、恋人に暴力を振るった末に刺殺するという実際にあった事件を再現ドラマで示した。
 同社総合広報部によると、抗議や意見は電話や電子メールで約五十件。番組は、専門医の監修を受けており、事実関係に間違いはないとしているが、HPで「紹介したケースは極めて例外的なもの。『境界性人格障害』に対して誤解を招きかねないもので、この病気で苦しんでらっしゃる方、および関係者の方々にご迷惑をおかけしました」と謝罪した。八日放送の同番組でも謝罪するという。


▽関連記事

□日テレが抗議受け謝罪へ 番組「障害に誤解与える」 [朝日新聞]

 http://www.asahi.com/national/update/0807/OSK200708070104.html

日テレが抗議受け謝罪へ 番組「障害に誤解与える」
2007年08月08日07時22分

 日本テレビ系の情報エンターテインメント番組「ザ!世界仰天ニュース」で、境界性人格障害と診断された豪州の女性が殺人を犯す放送内容が、同障害への誤解を招きかねないものだったとして、これまでに少なくとも50件の抗議が同社に寄せられていることがわかった。同社は8日放送の番組内で謝罪する。

 同番組は同社と社外プロダクションが共同で制作。国内外の事件や感動的な実話をVTRで再現し、ゲストのタレントらがコメントする。

 問題の番組は「女の凶悪事件スペシャル」と銘打たれた特集の一つで、1日夜に放送された。約35分間にわたって豪州で実際にあった殺人を再現ドラマで紹介。境界性人格障害の女性が感情を制御できず、恋人に繰り返し暴力を振るった末に刺殺するという内容だった。

 ドラマの中で、突発的な暴力は同障害の典型的な症例と解説し、円滑な対人関係を保てずに被害妄想をいつも抱えていることが多いなどとした。

 同社総合広報部によると、放送直後から患者やその家族から電話や電子メールで「境界性人格障害の人は、みな殺人を犯すと誤解されかねない」などと抗議が相次いだ。

 同社は3日、同番組のホームページ(HP)で「紹介したケースは極めて例外的なもの。この病気で苦しんでいらっしゃる方、関係者の方々に迷惑をかけた」と謝罪。8日夜に放送する同番組の最後で、出演者が謝罪をする。

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > マスコミ・電通批評6掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。