★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評6 > 317.html
 ★阿修羅♪
もうウンザリ…「24時間テレビ」感動押しつけ [日刊ゲンダイ]
http://www.asyura2.com/07/hihyo6/msg/317.html
投稿者 white 日時 2007 年 8 月 23 日 15:42:09: QYBiAyr6jr5Ac
 

(回答先: 『24時間マラソン』、もうやめては? [PJ] 投稿者 white 日時 2007 年 8 月 21 日 10:27:05)

□もうウンザリ…「24時間テレビ」感動押しつけ [日刊ゲンダイ]

 http://news.livedoor.com/article/detail/3278167/

もうウンザリ…「24時間テレビ」感動押しつけ
2007年08月23日10時00分

 足を引きずりながら必死にゴールを目指す欽ちゃん。19日の日本テレビ「24時間テレビ」を見て、なんでこんなことをさせるのだろうと思った人も多いのではないか。

 ゴール後は、脳梗塞でロレツの回らない坂上二郎の音頭で万歳三唱が行われ、番組パーソナリティーの黒木瞳が「感動を頂き、ありがとう」。タカアンドトシは「すごいものを見させてもらいました」「僕も欽ちゃんみたいになりたい」と叫んでいた。

 作家の麻生千晶氏も「感動の押し付け」に鼻白んだひとりだ。

「あれは、完全な“老人虐待”です。頑張った萩本さんには失礼になるが、66歳で旬を過ぎた芸人に70キロも走らせ、テレビ局がもてあそんでいる気がしました」

 チャリティー精神を広めるという意義はわかるが、仰々しい演出が必要なのか。チャリティーとはいえ、視聴率を稼ぎ、CMだって何本も入っている。毎年、タレントを走らせて、感動を押し付けられてもたまらないのだ。

「24時間テレビはテレビ局にとって、会社のイメージアップと広告収入アップの一石二鳥。番組制作費は全国のネット局も含めると約40億円とされますが、CM収入だって莫大です」(民放関係者)

 前出の麻生千晶氏がこう続ける。

「出演者がギャラをもらってチャリティーを呼びかけるのは、純粋な奉仕の精神とは違います。24時間テレビで救われるのは、地球よりもテレビ局やタレントさんじゃないか。そんな皮肉も言いたくなります」

 欽ちゃんマラソンを目いっぱい利用したい日テレは20日の午前中も延々「熱走秘話」を何時間も流していた。78年にスタートした24時間テレビ。もう「やめたら」という声は出ないのか。

【2007年8月20日掲載】


 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > マスコミ・電通批評6掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。