★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評6 > 350.html
 ★阿修羅♪
第一部 <3>ネットTV 世界の人 つなぐ橋に (東京新聞)
http://www.asyura2.com/07/hihyo6/msg/350.html
投稿者 天木ファン 日時 2007 年 9 月 06 日 11:44:25: 2nLReFHhGZ7P6
 

(回答先: 第一部 <2>市民記者 真実発信 『壁』を崩せ (東京新聞) 投稿者 天木ファン 日時 2007 年 9 月 05 日 13:32:37)

http://www.tokyo-np.co.jp/feature/media/news/070906.html

2007年9月5日

 ウィスコンシン州マディソンにあるインターネット・テレビ局「ストーリー・ブリッジTV」はケイティ・サイ(41)の思いつきがきっかけで、六月にスタートした。

 地元TV局でニュース番組の人気キャスターだったケイティ。制作費を掛けず、視聴率を稼げる扇情的な犯罪報道ばかりで、突っ込んだドキュメンタリーなど制作できず不満を募らせていた。

 「それなら、自分たちでテレビ局をやればいいじゃない」。ネットで自分たちが作った番組を流そうと、二十年間働いたTV局を飛び出した。

 「ストーリー・ブリッジTV」の社員は、ケイティと同僚だったカメラマンのジェイ・オルセン(51)の二人。広告取りまでこなしながら、移民のホットドッグ屋の半生記や、シニアのセックス問題など埋もれた人間ドラマを発掘している。

 最新作は、エイズが原因不明の難病だった一九八〇年代にエイズウイルス(HIV)に感染したが、希望を失わず二十四年間生き抜いてきた男の物語だ。

 「私たちのストーリーが人と人をつなぐ橋(ブリッジ)になってほしいというのが局名の由来」とケイティ。取材対象は地元中心だが、ターゲットは全米の視聴者だ。

 「共感できる物語は世界中にアピールできる。放送地域が限定されたTVではできないこと」

   ◇  ◇

 政府の免許を得たTV局が独占していた「映像の放送」というメディアが、技術革新でだれでも使えるようになり、ネット利用の「市民TV局」が次々と誕生、“特派員”を置いて世界まで取材するグループも。

 ペンシルベニア州フィラデルフィア拠点の「アライブ・イン・バグダッド(バグダッドで生きている)」。米国とイラクの若者が連携し、米軍駐留下の混迷するイラクの現状を伝えている。

 CNNなどのイラク報道は、政治やテロのニュースばかり。大学で映像学を学んだブライアン・コンリー(27)は「混乱の中で生きている普通の人たちの生の声を、米国や世界の人に伝えたい」と思い、イラク人自身に撮影してもらおうと発案した。

 イラクで人々にビデオカメラを渡し、取材方法をトレーニングした。現在は元イラク軍兵士やエンジニアなど五人が取材し、ビデオを国際宅配便で送ってくる。

 イラク人カメラマンのイサム・ラシードが、車爆弾で大けがした露天商の人たちを病院で取材したビデオには、もぎ取られた手足の傷あとが延々と映し出される。「マスコミは何人死傷と『数』しか伝えないし自主規制も多い。数字の裏には、こんな現実があり、これがイラクの日常であることを伝えたかった」。編集をしたスティーブ・ウィシワニク(24)が言う。

 夜間外出禁止令のために家でテレビゲームばかりしているイラクの青年の話には、世界の若者からコメントが殺到した。「イラクにも自分と同じような人間がいるんだ」と。

 ネットTVは低コストが強み。高価な機材は不要のため、毎月の支出は現地スタッフの給料など約一万ドル(百十五万円)。広告、視聴者の寄付金など収入も同じくらいだが帳尻は合っている。

 今春、メキシコにスタッフを置いた。アフリカにも広げる方針で「全世界的な市民TVのネットワークを目指す」と意気込む。世界の人々の距離は、市民が手にした「映像」によって確実に縮められている。(マディソンで、池尾伸一、写真も)=敬称略

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > マスコミ・電通批評6掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。