★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評6 > 539.html
 ★阿修羅♪
【やらせボクシングや精進の足りないお笑いはたくさんです】子供アニメの復活を さまざまな職業と、働く面白さ伝える、東京
http://www.asyura2.com/07/hihyo6/msg/539.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2007 年 10 月 13 日 14:00:30: 4sIKljvd9SgGs
 

【文化】 「日本は、子供のためのアニメが少なくなった。“キャラ商品販売”視野じゃないアニメの復活を」…外国人プロデューサー★7
beチェック
1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2007/10/13(土) 12:48:50 ID:???0
★子供アニメの復活を さまざまな職業と、働く面白さ伝える

・「ジャパニメーション」という言葉があるように、日本はアニメ大国だ。でも、テレビでは
 深夜の大人向けアニメが増える一方、ゴールデンタイムから子供向けアニメが次々と
 消えている。ゲームやマンガを原作に、商品展開を狙った作品が主流になっている今、
 テレビ朝日で始まった「はたらキッズ マイハム組」(日曜午前6時30分)は幼児が対象で、
 今どき珍しいオリジナル作品。企画した外国人プロデューサーに、アニメに懸ける熱い
 思いを聞いた。

 テレビ朝日で今月七日に始まった「〜マイハム組」は、「マイスター」の称号を持つ
 ハムスターたちが、匠(たくみ)の技で人間を助ける物語。合言葉は「人じゃないけど
 仕事人」。主人公のガウディは、ハンマーで何でも作ってしまう天才的建築家の「大工
 マイスター」。ほかにもパティシエ(菓子職人)、パイロット、レスキューのスペシャリストなど、
 さまざまな職能を持つマイスターが登場。職人たちの「元締め」の老ハムスターだけが、
 マイスターの称号を与える権限を持っている。

 番組の狙いは、子供たちにさまざまな職業と、働くことの面白さを伝えること。企画したのは
 東映アニメーションのプロデューサー、ギャルマト・ボグダンさん。ルーマニア育ちで
 ハンガリー国籍の三十八歳。

 「外国人の目で日本を見ると、日本はまだ学歴社会。でも、腕を磨いて職人になるという道も
 ある。子供というよりも、一緒に見ている親へのメッセージです。子供に何か才能があれば、
 それを伸ばしてあげてほしい」

 そう思うのは、かつて日本の伝統工芸について研究した経験があることが大きい。海外から
 見た日本のイメージは「職人の国」だった。ハムスターが人間を助けるという構図は、町工場や
 職人が大企業を支えている日本のモノ作り現場の比喩(ひゆ)でもある。

 純粋に子供のためのテレビアニメを作りたいという強い思いもあった。ルーツはルーマニアでの
 子供時代にさかのぼる。(>>2-10につづく)
 http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/news/CK2007101202055798.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > マスコミ・電通批評6掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。